• CASE
  • 肝臓がん
  • 男性 62歳

余命2ヶ月の肝臓がん。11cm大の腫瘍も転移も完全消失。

転移:右上
ステージⅣ

会社の健診で肝臓に腫瘤があると指摘があり、精密検査で、突然末期の肝臓がんで余命2ヶ月だと告げられました。がんは11cmを超える大きながんで、それ以外にも、肝臓内にもう1ヶ所あると説明を受け、抗がん剤治療を早急に始めることになりました。がんM+F療法®開始前に2回治療を行いましたが、マーカーは上昇し、経過は芳しくありませんでした。この現実をすぐには受け入れることが出来ませんでした。

きっかけ生きる希望を持ってほしいと家族に勧められ、がんM+F療法®を開始。

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤直後に発熱はあるものの、不思議なことに副作用はあまりなく、少し身体がだるいなと思う程度で、食事も問題なく食べられていました。ちょうど1ヶ月経った時の検査でPIVKA-Ⅱ:13545→1376、AFP:6856→1487とマーカーがかなり下がりました。今までは治療をしてもマーカーは下がらなかったのに、がんM+F療法®のお陰だと確信しました。またこの先どんなに辛いことがあっても乗り越えて見せると自信を持たせてくれるきっかけにもなりました。

  • 3ヶ月

    マーカーは順調に下がり、PIVKA-Ⅱ:55、AFP:83になりました。また飲用を始めてから初めてのCT検査では、2/3まで縮小し、かなり良くなっていると説明を受けました。結果を聞くまでは、正直良くないことが頭を何度もよぎり、怖くて怖くて仕方なかったです。ですが、かなり良くなっていると言う言葉で、一瞬にして目の前が明るくなりました。今でも、あの時の光景や先生の表情を鮮明に覚えています。

  • 5ヶ月

    PIVKA-Ⅱ:41、AFP:72にまた下がっていました。どんどん数値は下がり、どんどん体調も良くなり、しばらく休んでいた仕事も復帰しました。日常生活も以前のように送れるようになり、改善していることを実感しています。

  • 7ヶ月

    2ヶ所ある腫瘍はともに半分以下に小さくなっている、と言われました。信じられない結果です!当初余命2ヶ月と言われた時は、本当にどん底で、私にこのような未来が待っているとは思ってもみませんでした。素直にとても嬉しいです。抗がん剤も回数を重ねるごとに多少の辛さはあります。でも、その辛さを打ち消す程の結果で、抗がん剤もがんM+F療法®も諦めずに続けてきて、良かったと思いました。

  • 11ヶ月

    「全腫瘍消失」奇跡が起こりました!当初11cmもあったがんも転移部分も完全に消失するなんて、こんな最高の結果になるとは夢のようです。結果を聞いた瞬間、嬉しさが込み上げ、目頭が熱くなりました。先生からも「素晴らしい結果だよ!よくここまで乗り越えてきたね。おめでとう」と言ってもらい、ここまで本当に頑張ってきて良かったと心から思いました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

その後2年が過ぎましたが、経過良好で、再発をすることもなく、とても元気に毎日を過ごせています。家族、先生、MFに支えられ、今の自分がここにあると思っています。本当に感謝してもしきれません。MFを始めたことより、すごく高かったマーカーが、劇的に減少したことにも驚きましたが、何よりも1番驚いたのは、11cmもあったがんが跡形もなく消えたことです。今後も再発しないように、もう少しだけ、がんM+F療法®に助けてもらいながら、日常的に出来ることをやっていくつもりです。今このようなお話を出来ていることがとても嬉しいです。周りの方は、よくここまで頑張ったねと言ってくれますが、諦めずに頑張ってこられたのは、やっぱり家族の支えがあったからこそです。みんなに繋いで頂いた命を大事に、日々感謝の気持ちを忘れずに、過ごしていきたいです。