研究を重ねた結果、がんのタイプを選ばず勢いを抑える
がん克服に必要な成分を特定しました。

私どもNPO法人は、特別会員(医師64名)にご協力をいただき、がんを克服するために補完すべき働きを持ち合わせた療法や成分に関する研究や情報収集、様々な治療法の治療効果測定(改善効果の有無や効果の大小)を行なってきました。
可能性のある成分を徹底的に調査し、その作用機序を検証して、がんを克服するために必要な働きを持つ成分の特定に尽力いたしました。

検証を重ねる中で、1996年(平成8年)、第55回日本癌学会にて「抗がん作用」があると発表され、一躍注目を浴びた「褐藻類の成分※」に注目いたしました。
研究を進めた結果、1996年当時、日本癌学会において発表された「抗がん作用」は、褐藻類に微量含まれる成分の「マグジサリシレート®」「フコキサンチン」の2成分が、がんを克服する為に重要な働きを持つことを解明しました。

※褐藻類(かっそうるい)とは海藻の一種で、褐藻類はその名の通り「褐色を示す海藻」で、コンブ、ワカメの属するコンブ目、ヒジキの属するヒバマタ目ながあります。

必要な成分 イメージ
がんのタイプに左右されず勢いを抑える、この2種の成分の発見により、
がん改善率を向上させることが期待できます。

がん克服を目指す
「がんM+F療法®」

治療法 改善率グラフ

標準治療を軸に、この2種の成分をしっかりと補完した患者様に驚きの症例や、高い改善率が確認されたことから、現在、がんを克服に導くために補完する成分としては、「これ以上の理想的な成分はない!」と言えるレベルの発見で、多くの医師を驚かせました。

がんのタイプに左右されずがんの勢いを抑える、この2種の成分は、改善率向上の大きな役割を担う理想の抗がん成分であると確信しております。
もちろん、まだまだ研究中の成分は他にもありますが、多くの研究を経て発見されたこの2種の成分の効果を上回るものはなく、現時点でがんの改善率を向上させる最も有効かつ重要な成分であると考えられます。

そこで、この2種の成分を補完して、身体の「発がん・増殖サイクル」を「改善サイクル」に切替えることでがんを克服に導く療法を「がんM+F療法®」と名づけました。

現在では、その驚きの発見であった「がんM+F療法®」も、克服された患者様からのお喜びの声や患者様のご紹介など、多くの方からお問い合わせを頂戴するまでになりました。

治療法 改善率グラフ

がん治療の救世主!
理想の抗がん成分の作用機序

M

がんの勢いを抑えるCOX-2選択阻害!

マグジサリシレート®

がん細胞の増殖・新生血管抑制作用

マグジサリシレート®には、悪玉酵素であるCOX-2の発生を選択的に阻害することで、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の働きを制御します。また、がん抑制遺伝子の発現低下を防ぎ、転移や増殖を抑制します。これらの働きで、がんの勢いを抑え、増殖・転移を防ぎます。

マグジサリシレート イメージ ※マグジサリシレートは登録商標です

VEGF阻害による「分子標的作用」

分子標的作用とは、ある特定の分子(ここではVEGF)を標的として、その機能を制御する働きです。
マグジサリシレート®には、COX-2の発生を選択的に阻害することで、がんの増大や増殖の原因となる血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の働きを制御することになり、がん細胞に新生血管や新生リンパ管を作らせない働きがあります。

分子標的作用 イメージ

がん細胞は、新生血管が無ければ1~2mm以上にはなりません。

独自の研究により発見したマグジサリシレート®は、がん治療においては、必要不可欠な成分であり、がん改善率の向上には最も重要な働きをします。

F

がんに直接攻撃し、自滅死に導く!

フコキサンチンテトラ®

がん細胞アポトーシス誘導作用

フコキサンチンは、正常細胞には一切影響を与えず、際限なく増え続けるがん細胞に、自滅するよう指令を出す働きがあります。この働きにより、本来自ら死を選ぶことのないがん細胞を直接攻撃し、がんを自滅死(アポトーシス)に導くことができます。

フコキサンチン イメージ

がん細胞を直接攻撃!アポトーシス誘導作用

アポトーシス作用とは、細胞に異変が起きた時、自動的に自滅スイッチを入れ、自ら死んでいく働きです。フコキサンチンには、がん細胞のみに自滅スイッチを誘発し、正常細胞のようにアポトーシスを起こさせる働きがあります。

細胞の正常な新陳代謝イメージ

近年、その作用機序が大注目されている「フコキサンチン」ですが、「フコキサンチン」には複数の「型」が存在し、その「型」の違いによってアポトーシス効果の優劣があることが、新たに解明されました。そこでそれぞれの「型」のアポトーシス効果をさらに追及し、理想的な組み合わせを研究した結果、複数の「型」を適用量摂ることで、アポトーシス効果が飛躍的に向上することを発見しました。

私どもは独自の研究によりアポトーシス効果を高めた「フコキサンチンテトラ®」を開発し、より効果的にがん細胞に働くことを可能にしました。

さらに強いアポトーシス作用を発揮する「フコキサンチンテトラ®」

最新の研究により独自開発したフコキサンチンテトラ®は、がん細胞へのアポトーシス作用の強化を目的に新たに開発されたものです。従来のフコキサンチンに比べ、さらに高い抗がん力を実現しました。

フコキサンチンテトラ®は登録商標です。

辛く我慢のがん治療は、
もう無用です。
患者様ご自身で、その効果を
実感してください。

「がんM+F療法®」は、患者様の改善実績から生まれた療法です!

これまで多くの患者様が、辛く我慢をしながら治療を継続していた状態から解放され、症状の改善や検査結果など改善を、わずか開始約1~3ヶ月で明らかな効果として実感されています。
理想の抗がん成分マグジサリシレート®フコキサンチンテトラ®、この2種の成分を欠かすことなく適用量摂ることで、個々で異なる「がんのタイプ」や「勢いの強さ」に左右されず、標準治療に不足していた「抗がん力」を強化でき、がんに対して総合的に働きかけることができます。

「がんM+F療法®」は患者様の病期(ステージ)を選ばず効果を発揮しますので、これまで標準治療で改善が難しいとされていた患者様においても、その抗がん力を発揮し克服へと導く大きな成果をあげています。

がんM+F療法®を補完することで
患者様にもたらされる恩恵は
非常に大きい!

01 身体に負担の大きい過度な治療を回避、02不安や苦痛からの解放、03 治療期間の短縮、04 標準治療による副作用の軽減、05 治療効果不足による悪化や進行を回避

「がんM+F療法®」はマグジサリシレート®でがんの勢いを抑え、フコキサンチンテトラ®でがんを自滅死に導き、がん克服を目指す療法です。標準治療単独で治療をおこなう場合と比べて、がん改善率が明らかに向上し、患者様に非常に大きな恩恵をもたらします。

克服のイメージ

「がんM+F療法®」導入イメージ

各ステップの期間・摂取量は、患者様のご病状を見ながらの判断になります。ご体調などの状況を踏まえて、提携医と連携しサポートさせていただきます。

TL(治療レベル)Treatment Level

STEP 1抑制期 がんの勢いを抑制し、発がん・増殖→改善サイクルに切り替えます。

積極的に摂取し、血中濃度を上げます。出来る限りの大きな働きかけで、がんの勢いを抑えます。

STEP 2攻撃期 がんの勢いを抑えたところで、一気にがんを攻撃し、死滅へと導きます。

一定期間の摂取後、減量します。抑制期と同じ高い血中濃度を保ちながら、がんを攻撃します。

STEP 3改善期 残っているがんを徹底的に攻撃し、がんを死滅させます。

病状の改善に合わせ、さらに摂取量を減量します。体内に潜んでいる微細ながん細胞も攻撃します。

※M+F…マグジサリシレート®+フコキサンチンテトラ®

HL(健康レベル)Health Level

STEP 4再発
予防期
再発予防を目的に、新たながん細胞ができないように予防します。

再発予防を目的に免疫力を高め、マグジサリシレート®を摂取し、全身状態を安定させます。

まずは1クール(3ヶ月間)、がんM+F療法®を
積極導入してみませんか?
ぜひ患者様ご自身で、その効果をご実感いただければと思います。