• CASE
  • 膵臓がん
  • 男性 72歳

膵体部に4.2cmあった、がんが消失。

体部・転移なし
ステージⅣa

膵体部に4.2cmの癌があり、膵臓の血管を圧迫していて手術はできないと言われました。手術ができる大きさまで癌を縮小させるために抗がん剤と放射線治療を開始しましたが、抗がん剤治療の副作用がひどく、治療継続を迷っていました。

きっかけ少しでも早くがんを小さくして、手術ができるようになるため、抗がん剤治療にがんM+F療法®を開始。

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    CT検査の結果、腫瘍が1/3程度に縮小していました。
    「腫瘍もかなり縮小しているし、マーカーも正常範囲に入っている」と言われ、思っていた以上の結果で驚きました。抗がん剤治療は止めて、がんM+F療法®だけにしようと考えていましたが、下痢も落ち着き、食欲も戻り、副作用が軽くなってきたので、もう少し両方で頑張ってみることにしました。

  • 3ヶ月

    CT検査の結果、癌は前回より小さくなっていて、血管を圧迫していた部分は消失していました。
    主治医から「今ならば、手術ができる。今が最適のタイミング」と言われ、とても嬉しかったです。初めは手術ができるまで縮小することが目標でしたが、手術に伴うリスクも考えると、がんM+F療法®と抗がん剤治療を続けるのもひとつの考えだと思うようになりました。
    家族で相談した結果、折角の機会でしたが手術は行なわず、がんM+F療法®と抗がん剤治療で克服を目指すことにしました。

  • 5ヶ月

    前回の検査と変わらず縮小・消失を維持できていました。主治医は手術を選ばなかったことを心配していましたが、「予想を上回るほどの良い状態を維持できている」と驚いていました。
    趣味の時間を楽しみ、病前と変わらない生活ができているのでストレスはありません。

  • 8ヶ月

    今回のCT検査では「完全に消失とは言えないが、膵臓がんの痕跡がほとんど見えない」と言われるまで改善しました。主治医からも「本当に良い経過だ。これほどの改善は他に見たことがない」と言われ、がんM+F療法®も抗がん剤治療も続けて良かったと家族で喜びました。今後は再発予防を考えながら、続けていこうと思います。

  • 2年

    飲用から2年後のCT検査でも、膵臓がんの痕跡は消えていて、ほとんど見えない状態を維持できています。腫瘍マーカーも正常値を維持し、体調もとても良いです。現在は、再発予防のために、がんM+F療法®と少しだけの抗がん剤治療を続けています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

体力面を考え手術をしなかった時は不安もありましたが、結果的にがんM+F療法®と抗がん剤治療で癌の痕跡が消えた状態を維持できていて、何よりもうれしいです。また、副作用が怖く、抗がん剤治療の中止も考えましたが、がんM+F療法®をはじめてから、副作用も軽くなり、抗がん剤治療も続けることができたと思います。これからは、食事や日々の生活にも気をつけながら、このまま再発することがないようにしたいです。