• CASE
  • 膵臓がん
  • 男性 59歳

余命3ヶ月の膵臓癌、原発は1/3に縮小し、転移部は消失。

転移:多発性肝
ステージⅣb

膵臓の頭部に腫瘍があるが、転移はなかったので、すぐに手術をしましょうと言われ手術をしました。ですが、手術をした際に肝臓に小さい腫瘍が散らばっていることが判り、膵管と胆嚢のみ取り、肝心な膵臓のがんは取ることができませんでした。術後に詳しく説明を受けた際に、主治医から余命3ヶ月と言われ、目の前が真っ暗になりました。

きっかけ手術では取れず余命3ヶ月とも言われていたので、藁をもすがる気持ちでがんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 9日

    とにかく良くなりたいという一心で、がんM+F療法®はアドバイスをもらった通り、積極飲用で始めました。抗がん剤治療をすると、吐き気や下痢などの副作用が出ると聞いていましたが、そのような症状は出ませんでした。主治医からも「副作用の影響が全く出ていないのは珍しい」と言われ、がんM+F療法®が効いているのかなと思いました。

  • 3週間

    飲用を始めてから3週間後にCT検査がありましたが、なんと膵臓の腫瘍は小さくなっていて、肝臓に散らばっていた転移は、部分的に消えているという、驚くべき結果でした。また食欲も出始め、転移の影響で上がっていた肝臓の数値は正常に戻り、体のだるさを感じなくなりました。体の中の状況が少し変わるだけで、感じる体調が全然違うと思いました。

  • 2ヶ月

    飲用から2ヶ月後のCT検査では、膵臓は前回の検査からさらに小さくなり、当初の1/3まで小さくなっていると言われました。自分でもこの結果にはとてもビックリしましたが、先生からも「こんな順調な改善は見たことがない」と言われ、この時初めて、がんM+F療法®に手ごたえを感じました。

  • 5ヶ月

    飲用から5ヶ月後のCT検査では、膵臓は小さくなったまま大きくはなっていない、肝臓に散らばっていた腫瘍は全て消えていて、また新たな転移は確認出来ない、と言われ、とても嬉しかったです。マーカーはまだ高いですが、当初を思うと600台まで大幅に下がり、これからまだまだ改善の余地があると心に少し余裕も出てきました。副作用に悩まされることなく、このような改善はなかなかないようで、抗がん剤治療にがんM+F療法®を足したことが良かったのだと確信しました。この結果を踏まえ、積極飲用から、少し飲む量を減らし、今後は様子を見ていく予定です。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

病院を受診するたび先生も驚くほど腫瘍は小さくなっていて嬉しいです。前回の受診で「このまま小さくなれば手術で切除できるかもしれない」と言われて、今後は手術を目標にがんばろうと思います。最近は家族旅行に出かけたり、趣味を楽しんだりと、日々楽しく過ごせています。余命を言われたのにここまで良くなったのはがんM+F療法®のお陰と思っています。