• CASE
  • 膵臓がん
  • 男性 76歳

大きくなり続けていた膵臓癌が、 原発・転移共に大幅に縮小。

転移:肺
ステージⅣb

膵臓がんがわかったときには、もうすでに腫瘍が大きく、転移はないが手術ができないと言われました。抗がん剤と放射線で治療を始めましたが、3ヶ月後の検査で新たに肺に転移していることがわかりました。その上、元々あった膵臓の癌も大きくなっていて、抗がん剤が効いていないと言われました。先生から「もう余命は長くないが、とりあえず抗がん剤を変更してみよう」と言われ、とてもショックでした。

きっかけ抗がん剤変更後もマーカーが上昇し、このままではダメだと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1週間

    医師から「抗がん剤を続けても余命が少し伸びる程度だろう」と言われたのがとてもショックで、もうこれに賭けるしかないと思い、積極的に飲用しました。今までは、抗がん剤治療の副作用もあり、食欲はなく、一日中横になって過ごしていましたが、始めて1週間経った頃から、少しではありますが、食欲が出てきたように思いました。

  • 1ヶ月

    まず驚いたことは、腫瘍マーカーが激減したことです。ずっと右肩上がりだったのに、なんと4000以上あったCA19-9が700台にまで激減していました。それと食事の量も増えました。食べたいけれど食べるとすぐに胃がつかえる感覚が改善され、食べれるようになったことで身体が楽になってきました。早速がんM+F療法®の効果がでてきていると思いました。

  • 2ヶ月

    CT検査の結果、6cmまで大きくなっていた膵臓の腫瘍が4cmまで小さくなって、これまで見えなかった血管が見え始めていると言われました。小さくなったのは、膵臓がんがわかってから初めてのことで、すごく嬉しかったです。マーカーも200台まで下がり、がんM+F療法®を始めて2ヶ月で大きく前進したと感じました。

  • 4ヶ月

    CT検査の結果、膵臓の腫瘍はさらに小さくなり、血管が前回以上に見えるようになっていると聞き、とても嬉しかったです。その上、肺の転移は影が薄くなってきており、縮小傾向と言われ、CA19-9は今回の検査でついに正常値まで下がりました。先生からは「治療効果はあまり見込めないだろうと思っていたのに、考えられないほどの良い経過ですね」と褒めてもらい、今の状況がいかに良い状況なのかが解りました。副作用はあまり感じず、食欲もあり、最近では横になって過ごすことも少なくなっていて、体調は良くなっています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

当初は、大きくなり続けている癌が、まさかこんなに小さくなるなんて正直なところ、想像できなかったです。膵臓がんは難しいと聞いていたので、ここまで良くなったのは、がんM+F療法®に出会ったお陰だと思っています。私の場合はがんM+F療法®を始めた時がひとつの起点となり、癌は小さくなり始め、体調も良くなってきたので、この調子でがんが消失することを目標に頑張るつもりです。