• CASE
  • 肺がん
  • 女性 70歳

肺がんは明らかに縮小し、リンパ転移は完全消失。


転移:リンパ・背骨
ステージⅣ

抗がん剤の副作用で肝数値が上昇し、このままでは治療は続けられないと言われ中断することになりました。肝臓の機能が回復するまで抗がん剤を休むことは納得しましたが、その間にがんが進んでいくのではということが何よりも心配でした。

きっかけ抗がん剤を中断している間にがんが進んでいくのではと不安に思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    肝臓の数値がすべて100を超えていたため、まずは少ない量で飲用を始めました。飲用を始めて半月程で、がんM+F療法®のお陰か、肝臓の数値は正常値近くまで下がり、抗がん剤を再開することが出来ました。以前は、胸に圧迫感があり呼吸がしづらかったのですが、飲用を始めてから胸の圧迫感が和らいだように感じました。

  • 3ヶ月

    レントゲン検査では、肺の影は明らかに薄くなっている、との結果でした。影が薄くなってきているからか、体調面も徐々に変わってきているように感じました。まずは、胸の圧迫感はほぼ感じなくなり、呼吸が辛いと思うことがなくなりました。そして、これまでは少し歩いては休憩し、普通の人と同じ速度で歩くことが出来ませんでしたが、休憩することもなく、普通の人と同じ速度で歩くことが出来るようになりました。がんの変化もそうですが、体調面の変化も私にとっては大きな改善で、しばらくがんM+F療法®を続けてみようと思うきっかけになりました。

  • 5ヶ月

    CT検査では、肺は診断当初より明らかに小さくなっている、リンパの腫れもほぼ見えなくなっていると言われました。内服の抗がん剤は続けていますが、肝臓にかかる負担を考慮し、主治医の先生の判断で1日おきの服用で続けています。

  • 10ヶ月

    CT検査では、肺は小さくなったままを維持し、リンパの腫れは完全に消えていました。通常の治療がしっかり出来ていないにも関わらず、検査ごとに良くなっているので、先生も「数十人に1人の良い経過」とびっくりされており、良くなっていることに対して、一緒に喜んでくれました。骨シンチもしましたが、背骨に転移しているがんも進行はしていないと言われました。診断時とは比べ物にならないぐらい体は軽く、病気する前とほぼ変わらないと感じています。普通に日常が送れるということに、今はとても感謝しています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

抗がん剤の影響で肝臓の数値が上がり、治療を中断したことをきっかけにいろいろ調べ、がんM+F療法®を知りました。とにかく治療を中断している間に、がんが進んでしまうことがとても不安で、がんM+F療法®の資料を読み自分が納得出来たので、これを信じてやってみようと思いました。肺は明らかに縮小し、リンパは完全に消え、「数十人に1人の良い経過」と先生に言われた時は、とても嬉しかったです。病状が快方に向かうにつれて、体調が大きく変わり、今ではボランティア活動などで、月の半分は外出し、忙しくしています。カプセルを飲んでいて、心から良かったと思っていますし、電話相談も支えになりました。今の状況を維持出来るように、自分で出来ることをやっていこうと思っています。