• CASE
  • 大腸がん
  • 男性 63歳

大腸がんステージⅣ、肝転移部のがん細胞が壊死と驚きの結果。

上行結腸
転移:肝(5~6ヶ所)
ステージⅣ

数ヶ月前から腹痛が続いていましたが、特に気にせず過ごしていました。風邪でかかりつけ医を受診した際に、腹痛の件を話し診察をしてもらいました。すぐに総合病院を紹介され、詳しく調べた結果、上行結腸に大きながんと肝臓に複数の転移があり、大腸がんのステージⅣと診断されました。主治医から「手術し、抗がん剤をしても余命は2~3年だろう」と宣告されましたが、少し腹痛がある程度で元気に仕事もバリバリしていたので、到底受け入れることはできませんでした。

きっかけステージⅣの大腸がんを克服した友人に教えてもらい、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    大腸がんを克服した友人にカプセルの事を聞いていたので、迷うことなくすぐに飲用を開始しました。手術は上行結腸を6cm切除したと聞いています。術後の経過は良好で、順調に行けば来週から抗がん剤を開始する予定です。術前術後の絶食期間は飲用を一時的に休みましたが、それ以外の日は一度も忘れることなく9カプセルをしっかり飲用しています。

  • 2ヶ月

    がんM+F療法®のカプセルは9カプセルで飲用中です。抗がん剤は2週間毎にしています。副作用としては脱毛、味覚障害が少しありますが、今のところ食欲も体力的にも問題ないと思います。幸い自営業ですので、無理のない程度にデスクワークだけですが仕事もしています。仕事をしている時は病気の事も忘れることができるので、気分転換になっていると思います。来月はCT検査をすることになっているので、少しでも改善していればと願っています。

  • 3ヶ月

    CT検査の結果、肝臓の転移は半分程度まで縮小していました!主治医の先生も順調だと説明してくれましたし、本当に嬉しかったです。抗がん剤とがんM+F療法®のダブルパンチが効いているんだと実感しました。がんは縮小していて本当に嬉しかったですが、副作用の味覚障害が辛く、食事の量がかなり減ってしまったので、主治医とよく話し合い、少しの間抗がん剤を休むことにしました。せっかく改善しているのに治療を休むことは不安で心配でしたが、体調が回復するまではがんM+F療法®だけで、なんとかがんの進行を抑えたいと思っています。

  • 4ヶ月

    味覚障害も改善し、食欲もでてきました。抗がん剤はまだ再開していません。カプセルの飲用は電話相談で4ヶ月目からは減量してもよいとアドバイスをもらいましたが、抗がん剤をしていないので、9カプセルのままで飲用しています。来月もう一度検査をして、今後の抗がん剤について話し合うことになりました。

  • 5ヶ月

    画像検査の結果、肝臓の転移部が黒くなっていて、がん細胞が壊死していると言われました。抗がん剤を休んでいた2ヶ月間で驚くべき結果でした。主治医の先生も「普通では考えられないこと」とすごく驚いていました。がんM+F療法®のお陰なのは明らかだったので、興奮冷めやらぬままに家族に電話しました。この結果を受けて、抗がん剤は体への負担が少ない、ゆるいタイプに変更できることになり、来週から再開することになりました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

抗がん剤を休止している間にがん細胞が壊死するという、驚くべき力をがんM+F療法®は私の体の中で発揮してくれました!がんM+F療法®で、奇跡的ながん克服を経験した友人がいたことが幸いでした。また友人の話を聞き迷うことなくカプセルの飲用を始めたことも正解だったと思っています。がんは縮小し壊死していると言われていますが、肝臓は多発性転移のため、まだ少しの間は抗がん剤が必要と言われています。これからもがんM+F療法®と共に、がん克服に向けて頑張りたいです。