• CASE
  • 肺がん
  • 女性 55歳

肺がんの治療を中止しているのに大幅に縮小!


転移:脳・肝・骨
ステージⅣ

年1回受けている人間ドックで肺がんが判りました。多少の咳はありましたが、季節的なものだろうと思っていたので、まさかがんだとは思ってもみなかったです。最終の検査の結果で転移があり、抗がん剤を始めましたが、倦怠感や吐き気などの副作用がかなり強く、とても治療を続けられる状態ではなくなったため、治療を中止することになりました。年齢的にも、このまま治療をしないで様子をみることにとても不安がありました。

きっかけ副作用が強く治療を中止することになり、とても不安で、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療を中止しているため、少しでもがんが大きくなることを防ぐことが出来ればと思い、カプセルを多い量で飲み始めました。抗がん剤を中止していたこともあると思いますが、起き上がることも辛かった強い体のだるさは嘘のようになくなり、体が軽くなりました。

  • 2ヶ月

    どのような状況なのかを見るためにCT検査をしたところ、肺の腫瘍も転移も両方とも影がかなり薄くなっていて、肺の腫瘍は4割ほど小さくなっている、と言われました。まさかこんなに嬉しい結果を聞けるとは思っていませんでした。治療を中止している状態で、がんが小さくなることは奇跡だと思いました。

  • 3.5ヶ月

    レントゲンとCT検査ではがんの状況は小さくなったままで、縮小を維持できていました。また溜まっていた胸水は、ほぼ消えていると言われました。体で感じる自覚症状は一切なく、体の調子もとても良いです。がんM+F療法®だけで、ここまでこれていることがとても嬉しいですし、この状態が続けばいいなと思いました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

抗がん剤を続けられる状態ではなくなった時に、正直もうダメかもしれないと思いました。とにかく何かにすがりたいという気持ちが強くたまたまがんM+F療法®のことを知り、これに賭けてみようと思い飲用を始めました。自分の体に合っていたのか飲み始めてからは、本当に体の調子が良く、もしかするとこれで良くなるかもしれない、と言う気持ちを持つことも出来ました。結果、その気持ち通りがんは縮小し、みごとに改善した状態を保っていて、これからもこの状態を保てたらいいなと思っています。また血液検査では全身状態も良いのでもし万が一がんが暴れだした場合は、抗がん剤を再開しようと言われています。今はこのまま様子見で経過を見ていきますが、治療を再開出来る状態まで、体が回復しているのもがんM+F療法®のお陰だと思っています。