• CASE
  • 胃がん
  • 男性 64歳

再発率が高いタイプの胃がん、6年後も再発せず経過良好。

未分化・下部
転移:リンパ
ステージⅡb

人間ドックで要検査になり、胃がんが判りました。精密検査で他の臓器に転移は見られないとの結果でしたが、リンパに腫れがあるので転移の可能性が高く、ステージはⅢa~Ⅲbだろうと診断されました。また、主治医から未分化がんというあまり良くない質の胃がんだと告げられ絶望しました。手術でがんを切除することは決まっていましたが、出来るだけ早くやれることは何でもしたいと考えていました。

きっかけ病院の治療だけでは心配で、自分が納得いくものをネットで探し、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1週間

    胃の下部を2/3、周辺のリンパ節を手術で取りました。術後の説明では浸潤はなく、全て取り切ることが出来たと言われました。また切除したリンパ節28ヶ所中3ヶ所に転移がありましたが、当初聞いていたステージよりは軽く、Ⅱbと診断されました。ですが、細胞の種類は未分化がんというもので、進行が早く転移をしやすいがんと言われているタイプのものでした。再発する可能性は、普通の胃がんより高いと言われショックを受けました。

  • 1ヶ月

    少しでも再発のリスクを下げるために、内服の抗がん剤をすることになりました。抗がん剤が始まってから、時々お腹を下すことはありましたが、治療による明らかな食欲の低下や体力低下をあまり感じることはなかったです。がんM+F療法®を手術前から始めていたので、これで副作用が軽くなっているのかなと感じました。

  • 6ヶ月

    CT検査では、再発は見られず異常なしとの結果でした。主治医からも、再発の兆候は全くなく、とても良い状態だと褒められほっとしました。画像だけでなく、マーカーも正常範囲内で安定しているため、抗がん剤もこれで終了することになりました。

  • 1年

    調子はとても良く、手術から1年後の検査も異常なしでした。まずは1年目を再発することなくクリアできて、とても嬉しかったです。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

手術をしてから6年が経ちます。未分化がんで悪性度が高いので、再発する可能性がかなり高いと言われていましたが、この6年間全く異常なくきています。がんと診断された日から、手術前後以外は1日もカプセルの飲用を忘れたことはありません。納得して始めたがんM+F療法®だからこそ、より体に効いてくれていると思っています。仕事も辞めていましたが復帰し、週に数回行っています。家族に心配されるぐらい朝早くからフル活動し、毎日を楽しく過ごしています。がんM+F療法®を続けてきて、本当に良かったと思っています。