• CASE
  • 胆管・胆嚢がん
  • 男性 79歳

治療不可の胆管がん、腹水が激減!マーカーも低下!

胆管がん
転移:なし
ステージⅡ~Ⅲ

食欲がない日が続き黄疸症状が出て、慌てて病院を受診しました。検査の結果、胆管がんが判明し、黄疸の処置後に放射線治療と抗がん剤治療を始めました。ところが白血球が低下し、5回を予定していた抗がん剤は2回で中止になり、以降は積極的な治療は行なわず、経過を観察することになりました。その後まもなく腹水が溜まり始め、足の浮腫みもでてきました。食欲はなく、起き上がることも辛く、ずっと横になって過ごす日々でした。

きっかけ治療ができない中でも、少しでも体調良く過ごしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    食欲がなく、少しの果物とヨーグルトしか食べられない日が続いていましたが、カプセルを飲み始めて10日ほど経った頃から、食欲が出てきました。初めはカプセルを飲むのも困難で、カプセルを外してヨーグルトに混ぜていたのが、最近ではカプセルのまま飲用できるようになりました。ベッドの上ではありますが、テレビを見たり、読書をしたりと、体調も少しずつ良くなってきました。

  • 1ヶ月

    1ヶ月ぶりに病院に受診しましたが、腹水が減少してきていると言われました。体調が良くなってきたこともあり、主治医から治療再開の話もありましたが、またすぐに副作用が出て中止になるかもしれないと聞き、年齢的なこともあり、これ以上体力を奪われるのは嫌だったので、治療はしないで様子を見ることにしました。がんM+F療法®のカプセルを飲み始めてからは、食欲も出てきて、体調が良くなってきたのは明らかだったので、自分には合っているのだと確信していました。それも治療を再開しないと決めた理由のひとつです。

  • 2ヶ月

    嬉しいことがありました!腫瘍マーカーが下がっていましたがんM+F療法®を始める前にCA19-9が46.3だったのが19.1にまで下がっていました。治療を何もしていないので、がんM+F療法®の働きなのは間違いないです。体調が良くなったことで、がんM+F療法®には十分満足をしていましたが、まさか腫瘍マーカーまでこんなに低下するなんて、予想を超える結果でした。

  • 3ヶ月

    エコー・血液検査をしました。腹水はさらに減少していました。足の浮腫みや腹部の圧迫感も解消されていたので、減っているかなとは思っていましたが、主治医から言われるととても嬉しかったです。その上、前回に続きマーカーも順調に下がっていました。今回はCA19-9は15.4でした。ここ最近で一番体調も良いです。足の浮腫みが解消されたので、庭に出て少し歩いたり、日光浴をしたりと、出来ることが増えてきました。食事も元の8割ぐらいまで食べれるようになりました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

がんM+F療法®に出会えて良かったと家族といつも話しています。抗がん剤治療を中止した頃は、一日中ベッドで横になったままで、辛くて眠ることもできませんでした。その時の状況を考えると、今の状況は奇跡の回復です。体調が改善し、腹水もかなり減少したのは、がんの勢いを抑えられているからこそだと思います。腫瘍マーカーも正常値内にまで下がって維持できています。何より今までと変わらない生活が出来ているのが、私にとって一番嬉しいことです。これからもがんM+F療法®を続けて、体調を維持しながらがんの勢いを抑え続けたいと思います。