• CASE
  • 食道がん
  • 男性 61歳

食道・リンパともにがんが縮小 改善へと確実に前進。

中~下部
転移:リンパ4ヶ所
ステージⅣa

食事の際に喉に違和感があり、お酒もタバコも多いほうだったので、自己判断で食道がんを疑い、検査可能な病院を受診しました。結果は、疑っていたとおり残念ながら、食道がんと診断されました。またリンパ4ヶ所(食道横・頸部・胃の横・右腎臓近く)にも転移があり、思っていたよりも進んでいるという状況でした。

きっかけ抗がん剤と一緒にすることで少しでもがんが小さくなればと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    がんM+F療法®を始めて、半月が経ったときのことです。CT検査で食道の腫瘍は、少し小さくなっていることが判りました。この結果はとても嬉しかったですが、正直、がんM+F療法®を始めてたったの半月だったので、これが効いているという確証は持てなかったですが、がんが小さくなっていることに変わりはないので、きっと良いように働いてくれたと、プラスに考えることが出来ました。

  • 2ヶ月

    変わらずカプセルは積極飲用で9カプセルで飲用を続けました。飲用を始めた頃より、喉の違和感が軽くなったように感じていました。この自覚症状は正しく、CT検査を受けると、食道・リンパ転移ともにさらに小さくなっている、という結果でした。がんがどんどん小さくなっていることがとても嬉しかったです。また体調ですが、抗がん剤の投与後は多少体がだるいなと思うことはありましたが、食欲はあり、体力が落ちていると感じることはなかったです。間違いなくがんM+F療法®は、私の体にしっかり働いてくれていると確信を持ちました。

  • 5ヶ月

    治療を続けていたにも関わらず、体調は良かったです。生活に支障が出て困ったと感じることもなく、治療は順調に続けることが出来ました。定期的に受けているCT検査でも、がんは進むことなく、小さくなった状態を維持出来ているようです。がんがどのようなものかはある程度、自分でも勉強していたので、維持出来ているということも、良い状況だと理解していました。がんは一筋縄ではいかないということは先生からの説明で自分なりに理解はしていたので、焦らず確実にがんと闘っていこうと思いました。

  • 8ヶ月

    CT検査で食道のがんは小さくなったままを維持、リンパは前々回よりもさらに小さくなっている、という結果でした。少しずつですが、確実に一歩ずつ前進していることが、とても嬉しいです。私にはまだまだ可能性がある、とがんM+F療法®が希望を持たせてくれました。病気に負けるつもりはありません。必ず良くなると信じて、治療も頑張りたいと思います。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

結果から言うとがんM+F療法®を取り入れて、心から良かったと思っています。がんが消えるというところまでには至っていませんが、がんが小さくなっているということだけでも十分、まだまだ可能性はあると思っているからです。がんだけでなく、体調面でも大きな低下はなく、元気な人と変わらないぐらい動けていることも、私にとっては大きいです。このように普通とあまり変わらない生活が出来ているのは、やはりがんM+F療法®が助けになってくれているからだと思います。まだ先は長いと思いますが、気持ちで負けることなく、前に進んでいこうと思います。がんM+F療法®は私の強い味方です。