• CASE
  • 悪性リンパ腫
  • 男性 88歳

余命3ヶ月の悪性リンパ腫 原発・転移すべて完全消失。

非ホジキン
転移:多発性肝・膵
ステージⅣ

食欲が低下し、病院を受診したところ、腹部に影があると言われました。血液検査でIL2レセプターと尿酸値が高いとのことで、詳しく調べることになりました。検査の結果、おへそ付近の脊椎に5cm、肝臓4ヶ所、膵臓3ヶ所に腫瘍があり、悪性リンパ腫のステージⅣで余命3ヶ月と診断されました。高齢のため緩和ケアを提案されましたが、治療法があるのに何も治療をしないのは嫌だったので、主治医と話し合い、少量での抗がん剤治療を試してみることにしました。

きっかけできることは何でも試してみたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    抗がん剤治療とほぼ同時にがんM+F療法®を始めました。腹部の膨満感のため、食事量が減っていたので、がんM+F療法®のカプセルは、食事を第一に考え、3カプセルから徐々に9カプセルまで増やしていくことにしました。1週間後ぐらいから腹部の膨満感が軽減され、早速がんM+F療法®の働きを感じることができました。また、抗がん剤の副作用で下痢と発熱がありましたが数日で治まり、その後は体調も特に問題ありませんでした。

  • 3ヶ月

    CT検査の結果、脊椎の腫瘍が半分以下に、膵臓3ヶ所は消失しているという見事な改善でした。肝臓4ヶ所は変わりなく増大はしていないそうです。抗がん剤治療は少量でしかしていないので、がんM+F療法®の力を補完しているからこその結果だと思います。食欲もあり、副作用とも上手く付き合えています。当初言われた余命を超えたことが何より嬉しいです。

  • 5ヶ月

    CT検査の結果、当初5cmあった脊椎の腫瘍が1cm以下に縮小し、全体的に薄くなってきていると言われました。膵臓は消失を維持し、前回のCT検査で変わりなかった肝臓4ヶ所も薄くなってきているとのことでした。この結果を聞き、妻と娘は嬉しくて涙を流していました。私も泣きたいくらい嬉しかったのは言うまでもありません。少し前から抗がん剤の副作用で味覚障害があり、少し食欲が落ちてきていたので、抗がん剤治療は今回で終了し、今後はがんM+F療法®だけで様子を見ることにしました。

  • 7ヶ月

    PET-CT検査で腫瘍すべてが消失していると言われました!主治医の先生も「ここまで改善するなんて、すごいこと」と褒めてくれました。抗がん剤治療を中止してがんM+F療法®だけにして2ヶ月、少し不安はありましたが、この結果でがんM+F療法®の働きは実証されたと思います。味覚障害も改善され、体調はすこぶる良いです。がんM+F療法®のカプセルは再発予防のものに変更しました。

  • 1年

    再発もせず元気にしています。再発予防のカプセルの飲用と、電話相談で教えてもらった人参ジュースもずっと続けています。主治医の先生は、再発すると厄介なので経過を慎重に見る必要があると考えていて、月に1度は必ず受診しています。毎回異常なし、との結果でホッとしています。体調は良く、食事量も多くはないですが、しっかり食べています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

余命を宣告された私が今も元気に過ごせているのは、がんM+F療法®のおかげです。抗がん剤治療をすると決めたこと、がんM+F療法®をすると決めたこと、すべてが正解でした。余命を聞いた時は、まさか腫瘍が全部消えて、1年後も元気に過ごしているなんて想像もできなかったです。せっかくここまで元気になったので、絶対に再発はしたくないです。今まで大きな病気をしたことがなかった私が、この年でこんな大病を患うとは思ってもいなかったですし、まさか克服できるとも思ってもいませんでした。悪性リンパ腫という大敵に打ち勝ったのだから、これからもがんM+F療法®と共に、長生きできるように頑張りたいです。