• CASE
  • 胃がん
  • 女性 61歳

10cm大の転移部が完全消失、原発の胃も順調に縮小。

転移:両卵巣
ステージⅣ

食欲はあるのに、食べた物が胃につかえる感じが続き、胃の検査を受けました。結果、胃の入り口にがんがあると言われ、それが原因だと言われました。詳しく検査をすると、胃だけではなく左右の卵巣に転移していて、腫瘍はかなり大きく、また胃の周辺の血管にも浸潤があると言われました。

きっかけ思っていたよりがんが進んでいて、抗がん剤治療だけでは不安になり、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    抗がん剤の副作用が強く食事が摂れなくなり、治療を一旦中止することになりました。体は、重石をつけているように重く、横になってばかりいましたが、このカプセルだけは必ず飲用していました。カプセルを飲むと、少し体の辛さが緩和されるように思いました。

  • 1ヶ月

    体の調子が徐々に戻り食事も食べられるようになったので、抗がん剤を再開しました。以前のように副作用で体が衰弱するのを防ぐために、抗がん剤を2種類から1種類へ減らして様子を見ることになりました。前のように辛い思いをするのは嫌だったので、抗がん剤の種類を減らすのは嬉しかったですが、反対に減らすことで治療の効果が減るのではないか、と思うと不安でもありました。

  • 2ヶ月

    CT検査の結果、左の卵巣の転移は10cmから4.5cmに小さくなり、右の卵巣は8cmから4cmに小さくなっているという結果でした。抗がん剤の種類を減らしていたのに、どちらも当初の半分くらいの大きさになっていて、これはがんM+F療法®が効いたと思いました。また、以前のようにご飯が食べられなくなるような強い副作用は出ておらず、胃のつかえも感じることがなくなりました。体はとても元気です。

  • 5ヶ月

    今回のCT検査では「左右の卵巣の転移は消失している。そして胃のがんも順調に小さくなっている」と言われました。10cmもあった卵巣の転移が消えたことはとても驚きましたが、私以上に驚いていたのは主治医でした。消えたという事実が、ただただ嬉しかったです。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

抗がん剤を始めた時は想像以上に副作用が強く、がんを治すためにはこんなに辛い治療を続けないとダメなのかと思い、それなら治療をすぐにでも止めたいと思っていました。ですが飲用を続けていると体の調子は徐々に良くなり、なんと10cmもあった卵巣の転移は消えるという奇跡が起きました!きっとがんM+F療法®をしていなかったら、こんなに良くなることはなかったと思います。がんM+F療法®には感謝しています。