• CASE
  • 腎臓がん
  • 女性 74歳

治療をしていないのに、 肝臓・肺への再発が完全消失。

腎臓がん
転移:肝・肺
ステージⅣ

体がだるく病院を受診したところ、腎臓がんと診断され、手術で左腎臓を全摘出し、癒着のあった脾臓・膵尾部も切除しました。術後は特に治療はせず経過観察をしていましたが、4ヶ月後の定期検診で肝臓と肺に再発していることがわかりました。すぐに抗がん剤を開始しましたが、副作用が強く、2週間で中止になりました。手術後に再発したこともショックでしたが、それよりも副作用で治療を中断するということは、がんはもう治らないんだと思い、目の前が真っ暗になりました。

きっかけ抗がん剤を中止したため、他に出来ることは何でもしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    抗がん剤の副作用で食事も食べられない日が続いていましたが、がんM+F療法®を始めてからは少しずつ食事も食べれるようになり、以前の8割程度の量を食べれるようになりました。抗がん剤をしていない私にとってがんM+F療法®のカプセルは私の健康を取り戻してくれる唯一のものだと思い、毎日かかさず飲みました。

  • 2ヶ月

    CT検査の結果、肝臓の腫瘍は縮小し影が薄くなっていました!抗がん剤をしていなかったので、きっとがんは大きくなっているだろうと思っていたのに、なんと縮小していました。がんM+F療法®の働きがこんなに早く検査の結果でわかるとは思ってもみませんでした。すごいの一言です。体調も、家の用事が自分ですべて出来るまでに戻りました。先生からは抗がん剤の再開を打診されましたが、また副作用で体が弱ってしまうと嫌だったので、お断りしました。がんM+F療法®で良い結果がでたので、これに賭けてみようと思ったことも治療をしないと決めた要因のひとつです。

  • 3ヶ月

    先月の肝臓に続き、肺にも良い結果が出ました。点状に複数あった腫瘍が、ほとんど見えなくなっていました。「治療をしていないのに、この結果はありえない。何かしていることがあるのだったら、それを続けてみるのは良いかもしれないね」と先生に言われました。自信を持ってがんM+F療法®を続けていこうと決心しました。

  • 4ヶ月

    ついに肝臓の腫瘍は消失していました!肺の腫瘍も見えない状態を維持していて、血液検査・尿検査の結果も健康な人と変わらないと言われました。体調がここ何年かで一番良いと感じていたので、その結果にも納得でした。今後は2ヶ月毎の検査で様子を見ることになりました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

手術→再発→副作用→抗がん剤中止と坂道を転げるようで一時はどうなることかと思いましたが、がんM+F療法®を始めてからは、坂道にも負けず克服に向かって進みだしました。がんM+F療法®のカプセルは私のお守りです。病院も2ヶ月に1回行くだけなので、最近はなるべく外に出て、人とおしゃべりをするようにしています。あの時がんM+F療法®に出会ってなかったら今の私はないと思っています。こうやってがんM+F療法®のお陰で健康になったのだから、これからも今の健康を維持していきたいと思います。あの苦しい時期を共に闘ってくれたがんM+F療法®は、これからも私には無くてはならない存在です。私のように治療に行き詰っている人がいたら、私は間違いなくがんM+F療法®を勧めます。