• CASE
  • 膵臓がん
  • 男性 62歳

手術不可能な余命3ヶ月のがん。原発は縮小し、転移は消失、手術で完全切除へ。

転移: リンパ・血管
ステージⅣ

黄疸が出たことをきっかけに、詳しい検査を受け、膵臓の頭部に大きな腫瘍があることが判りました。検査を進めていくとリンパ・太い血管にも転移があり、余命3ヶ月と告げられました。診断された時にはすでに転移していたため、「手術は出来ない。延命のための治療を行い、まずは1年を目指しましょう」と言われました。

きっかけ余命3ヶ月と言われ、出来ることは何でも取り入れていきたいと考え、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 2ヶ月

    抗がん剤を始めると同時に、がんM+F療法®も積極飲用で始めました。飲用を始め2ヶ月後には、嬉しいことに当初170を超えていたCA19-9は8台と正常値まで一気に下がり、気分も上がりました。また、抗がん剤の副作用もほぼ感じることなく、体調も良く、負担のない程度に仕事へ復帰しました。

  • 3ヶ月

    3ヶ月後のCT検査では、原発・転移部ともに当初と変化はなく、他の臓器への転移も見られない、との結果でした。自分の中では変化がないという結果は少し複雑でしたが、主治医の先生からは「ステージからすると、お腹や背中がすごく痛くなるが、それがないのであれば抑えられているということ。」と言われ、良いことなのだと理解しました。この結果を踏まえ、がんM+F療法®の飲用量を少し減らし、様子を見ることにしました。

  • 6ヶ月

    6ヶ月後のCT検査では、腫瘍は少し小さくなっていて、CA19-9も3台まで下がっていました。自分でも良くなっていることを実感でき、とても嬉しかったです。この結果を見て、これまではマーカーを下げることを目標としていましたが、今後はがん自体を小さくすることを目標にし、頑張ろうと思いました。主治医の先生からは、いずれ抗がん剤が効かなくなる時がくると聞いていたので、少しでも長く、良い状態を維持したいと思い、電話相談の先生と相談し、このタイミングでがんM+F療法®の飲用量を積極飲用に戻すことにしました。

  • 11ヶ月

    MRI・PET検査の結果、なんとリンパにあった転移は消えていて、手術が出来ると言われました。診断当初は、このような驚きの結果を聞ける日が来るなんて夢にも思っていませんでした。

  • 1年

    手術で無事全ての腫瘍を取ることが出来ました。術後の説明では「膵臓の周辺に散っていたがんは死滅していて、綺麗にがんを全て取りきることが出来た。再発のリスクもかなり低くなった。」と話があり、家族みんなで喜びました。時には落ち込むこともありましたが、自分にはがんM+F療法®があると信じて、ここまで来て良かったです。術後の経過も良好で3週間ほどで退院出来ました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

余命3ヶ月と言われていた自分が、まさか手術が出来る状態まで良くなるとは想像していませんでした。がんが消えていたり、死滅していた部分もあったそうで、諦めずにがんM+F療法®を続けてきて、心から本当に良かったと思っています。定期的に電話相談で先生と話し、その時の状況にあった適切なアドバイスも自分にとっては、がんと闘う上でとても励みになりました。これからはいかに再発せずに過ごせるかということに重点をおいて、注意深く様子を見ていこうと思います。また、温泉がとても大好きなので、いろんな温泉を巡る旅行をしたいと思っています。