• CASE
  • 肺がん
  • 女性 64歳

左肺に10cmのがん、99%消失。画像でも確認できず。


転移:がん性胸水
ステージⅣ

半年前に肺炎になり、その治療後の定期検診時に、少し前から胸・背中に痛みがあることを伝えたところ、画像検査で肺に影が見つかり、肺がんが判りました。大きさは10cmもあり、その上、がん性と思われる胸水がかなり溜まっていました。すぐに入院をして治療を開始し、1クール終了後に退院しました。

きっかけ入院中に色々調べた結果、治療にプラスするにはこれしかないと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    退院時の結果が出ましたが、「残念ながら、治療の効果は出ていない」と言われました。やはり病院での抗がん剤治療だけではダメなんだと思い、がんM+F療法®で何とかしなければという思いが強くなりました。1日9カプセルで飲用を始めて2週間が経ちますが、胸と背中の痛みが軽くなってきたと実感しています。

  • 1ヶ月

    胸水を抜き、胸膜癒着手術を受けてからは、咳き込む回数も減り、息苦しさも軽減されました。
    抗がん剤治療の副作用が出てくる頃と先生は心配していましたが、特に感じる副作用はありませんでした。胸と背中の痛みはずいぶん軽くなり、体で感じる症状は良くなってきました。がんM+F療法®が効いていると思っていましたが、次の検査までは、はっきりしたがんの状況はわからないので、不安半分期待半分でした。

  • 2ヶ月

    画像検査の結果、10cmあったがんは4cmに小さくなっていました。半分以下にまで縮小していました。1ヶ月前に処置をした胸水も、その後は溜まっておらず、総合的に見て、かなり改善していました。がんM+F療法®を始めてから、体調は良くなっていると感じていましたが、がんが急激に小さくなっていると先生から聞いて、がんM+F療法®の力を確信をしました。咳はほとんど出ないし、息切れも減り、食欲もあり、体調は2ヶ月前とは比べ物にならない程、快調です。日中は横になっていることはなく、家事をしたり、友人とおしゃべりを楽しんだりしています。

  • 4ヶ月

    収縮率95%以上で、がんだと思って見ないと見落とすぐらい縮小していますよ」
    これが私が診察室に入った時の先生の第一声ですが、思っている以上の改善が信じられなかったです。先生も「ここまで良くなる人は滅多といない」と驚いていました。順調に改善してきているので、電話相談でのアドバイス通り、飲用量を減らして様子をみます。がんM+F療法®なら、もしかして完治できるんじゃないかと、期待が膨らんでいます。

  • 6ヶ月

    CT検査を受けた結果「99%がんは消え、画像では確認できない」と言われました。10cmもあった肺がんが画像で確認できないぐらい小さくなるなんて、想像を超える結果で、涙が止まりませんでした。抗がん剤治療は今までの3種類から1種類のものに変更し、念のために後少しだけ続けることにしました。抗がん剤とがんM+F療法®でこの調子で完全に克服したいと思っています。体調は言うまでもなく良好で、今まで妹に任せていたお店にも少しずつ復帰しています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

定期的に病院に通っていたので、肺がんと診断された時は、まさかそんな大きながんが見つかるとは思ってもなく、目の前が真っ暗になり、すごくショックでした。がんM+F療法®を始めてからは、病院に行くたびに予想を超えるほどがんが小さくなる結果を聞き、過度な期待はしてはいけないと思いながら、こっそり「このままがんが治りますように」と願っていました。入院した時にがんM+F療法®を知ることができて良かったです。現在、がんは99%消失し、画像では確認できないと言われているので、これからは再発しないという目標を持ちながら、がんM+F療法®を続けていきます。