• CASE
  • 胃がん
  • 男性 60歳

手術は無理と言われたが・・・。原発・転移ともに縮小、手術で完全切除へ。

幽門部
転移:リンパ・周辺臓器
ステージⅣ

食事が摂れず、体調の優れない日が続き、ちょっと変だなと思い、家の近くの病院へ行きました。その病院で胃カメラをしたところ、すぐに大きい病院へ行くように言われ、胃がんと診断されました。胃の腫瘍はかなり大きく、リンパと周辺の臓器にも広がっていたので、手術は出来ないと言われました。治療は抗がん剤治療との説明を受けました。

きっかけ知人と家族に勧められ、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    1日9カプセルで飲むよう勧められ、とにかく治療と一緒に続けてみようと思いました。抗がん剤の後は、食欲が少し落ちたり、倦怠感などの副作用はありましたが、周りの人に比べると明らかに副作用は軽いほうだと感じていました。

  • 2ヶ月

    がんM+F療法®を始めてから、初めてのCT検査では、胃の腫瘍は小さくなっていると言われました。この結果がとても嬉しく、これはひょっとして…と思い、がんM+F療法®にかけてみようと思いました。

  • 5ヶ月

    CT検査では、胃・リンパ・周辺臓器すべてが前回よりさらに縮小、今後腫瘍が小さくなった場合は手術が出来るかもしれないと言われました。今後手術が出来る可能性があるということは、とても良いことだと前向きにとらえ、とても嬉しかったです。食事量も増え、体重も少し戻り、副作用と感じるような症状は一切ありません。

  • 7ヶ月

    胃カメラ検査では、胃に広がっていた大きな腫瘍はかなり縮小していると言われました。腫瘍が縮小し、手術へ確実に近づいていることは、とても嬉しいですし、治療を頑張ろう、という気持ちにもなれました。

  • 8ヶ月

    CT検査では大きさは変わらず縮小を維持との結果でした。腫瘍は思うようにテンポ良く小さくなってはくれませんが、それががんというものなのだと思っています。気持ちで病気には負ける気はありません。

  • 10ヶ月

    胃カメラ検査で、「胃の腫瘍はよく見ないと分からないぐらい小さくなっている。これなら手術が出来る」と言われました! 当初はまさか手術ができる日が来るなんて思いもしていなかったので、これは克服への大チャンスだと思い、やっとここまでこられたと感極まりました。

  • 1年

    無事手術を終え、腫瘍は全体的にかなり小さくなっていたので、腫瘍は全て取ることが出来たと言われました。ここまで良くなれたのは奇跡的なことだと聞き、がんM+F療法®のお陰だと確信しました。術後の経過も良好で、主治医が驚くほど体力の回復も早く、予定していたよりも早く退院できました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

がんM+F療法®を続けてきて、本当に良かったですし、がんM+F療法®で良くなったと思っています。主治医からは「こんなに経過の良い人はほとんどいないし、見たことがない」と言われていて、自分でもこんなに良くなって良いのだろうか、と思うぐらい元気に過ごせています。気持ちでも病気には負けないと思って毎日を過ごしていましたが、今思えばこういう気持ちを持てたのも、がんM+F療法®が気持ちの面でも支えになっていたからだと思います。これからは「再発しない」を目標に、日常を楽しみながら過ごそうと思います。