• CASE
  • 膵臓がん
  • 男性 40歳

末期の膵臓がんが治療を中断中に原発・転移共に大幅縮小。

転移:両肺・肝
ステージⅣb

会社の健康診断で両肺に影があると言われ、大学病院に行くと肝臓にも影があると判り、入院での精密検査を受けました。入院するまでは自覚症状もなかったのですが、入院中に発熱・血痰・背中の痛みなどが出てきました。検査の結果、膵臓にかなり大きな癌があり、両肺は多発性の転移があり、肝臓にも転移がありました。抗がん剤も効果が出るかどうかというぐらいの末期と言われ、すごくショックで、現実とのギャップを受け入れることができませんでした。すぐに抗がん剤治療を開始しましたが、肝機能の急激な悪化により、3日で中止になりました。

きっかけ治療ができない状態でもなんとかがんの進行を止めたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 2週間

    肝機能が改善するまでは、抗がん剤治療はできないと言われ、「今はがんM+F療法®にかけるしかない」と思い、1日9カプセルで飲用を始めました。体調は決して良いとは言えない状況で、肺転移の影響で酸素吸入が必要でした。肝機能もなかなか改善せず、カプセルを飲むことが今できる最善の策だと信じて、1日3回忘れることなくキッチリ飲みました。

  • 1ヶ月

    飲用を始めて1ヶ月経った頃には、呼吸も楽になり、酸素吸入も必要なくなりました。肝機能はまだ抗がん剤治療ができる状態ではないと言われましたが、明らかに体調が良くなりました。食事も食べれているし、咳も減り、背中の痛みも少なくなってきたと思います。

  • 1.5ヶ月

    抗がん剤治療をしていないので、本当なら下がるはずのない腫瘍マーカーが下がっていました。病院では何も治療をしていないので、がんM+F療法®の効果なのは明らかでした。594あったCA19-9が270になり、その結果を聞いて、妻と二人で涙ながらに大喜びしました。あと少しで抗がん剤治療ができるようになると聞き、俄然やる気が出てきました。

  • 2.5ヶ月

    抗がん剤治療を再開できることになり、その前にCT検査をしました。その結果に主治医も私も驚きました。なんと、膵臓にあった癌が3.5cmから1.3cmに小さくなっていました。肝臓の転移部も小さくなっていて、小さい腫瘍がたくさんあった肺は、腫瘍の数が減っていました。「治療していない間に縮小するなんて、滅多にない」と主治医も信じられないといった様子でした。私もまさかこんなに良い結果が出るとは思っていなかったです。この予想を超える結果は、他に何も治療をしていないので、がんM+F療法®の力だとしか考えられません。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

肝機能が悪化し抗がん剤治療ができなくなり、体調も悪化し、一時はどうなることかと思いました。その後、体調は徐々に回復してきましたが、がんと言うのは体の中のことで、検査をしないと実際はどうなっているのか判らないので常に不安でいっぱいでした。治療ができない状況で、がんM+F療法®のカプセルを飲むことが希望だったので、この2ヶ月半は1回も欠かさず飲みました。その結果、治療をしていないのにがんは見事に縮小していて、抗がん剤治療も再開できるようになりました。あの時すぐに始めて本当に良かったです。私にはがんM+F療法®という強い味方があると思うと、抗がん剤治療もがんばれるような気がします。