• CASE
  • 肝臓がん
  • 女性 53歳

末期の肝臓癌、肝臓は完全消失、肺転移も大幅縮小。

転移:肺
ステージⅣ

肝臓がんが判った時点で、末期がんで余命は3ヶ月~半年と言われました。肝臓には5cm強が1ヶ所、2.5cm弱のものが3ヶ所の合計4ヶ所ありました。肺転移もあり、両肺に小さいものが数十ヶ所もあると言われました。現状では抗がん剤治療は困難と聞き、どうにもできない現状に目の前が真っ暗になりました。少しでも良くならないかと願い、温熱療法を始めましたが、状況は変わらず不安でいっぱいでした。

きっかけがんM+F療法®が今できる一番良い療法だと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    がんM+F療法®を始めて、倦怠感が以前より減り、体が楽になってきたように思います。CT検査の結果は大きさ・数ともに現状維持ということでした。主治医は大きくなっていると予想していたそうで、現状維持は良い傾向と褒めてくれました。私自身もがんの進行をストップすることができていると思い、少し安心しました。

  • 2ヶ月

    抗がん剤をしていないので、本来なら下がることのないマーカーが下がっていました。AFP:153.2→19.2、PIVKAⅡ:89→26と全て下がっていました。この結果には本当に驚きました。余命を宣告されてからは不安な日々が続いていましたが、がんM+F療法®の働きを実感し安堵したのか、この日は久々にぐっすり眠れました。

  • 4ヶ月

    CT検査で、肝臓の5cm強のがんはかなり小さくなっていて、小さい3ヶ所はもうほとんど見えないレベルにまでなっているとの良い結果でした。「普通はあり得ないこと」と主治医も驚いていました。腫瘍マーカーも順調に下がってきています。最近は体調も良く、周りからは「本当に病気なの?」と言われることもしばしばです。

  • 7ヶ月

    ついに奇跡が起こりました!4ヶ所あった肝臓のがんは完全に消失していました。肺は数十ヶ所から5~6ヶ所まで激減し、サイズも小さくなっていました。がんM+F療法®を続けてきてよかったです。当初言われた余命を超えたのに、こんなに元気で少しずつ仕事も再開しました。

  • 1年

    新たな転移もなく、肝臓は消失を維持しています。肺は一部が残っていますが、大きさ・数ともに良い状態を維持していて、がんが動いてない状態です。体調も一年前とは比較できないほど良いです。仕事にも完全復帰を果たしました。引き続き、がんM+F療法®を続けていこうと思います。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

余命を超えても元気に過ごせているのは、がんM+F療法®のお陰としか考えられません。抗がん剤治療ができないほどだった私が、今は仕事に復帰しているのです。これは奇跡的な改善だと主治医も驚いていましたし、私自身も「まだまだ頑張れるぞ」と残りの小さながんも消失させたいと前向きな考えでいます。当初は不安がいっぱいで、担当者の方に電話をし、よく励ましてもらいました。まだ完全に治ったわけではないので、「足元を見ず前を見る」この気持ちで、これからも頑張っていきたいです。この私の奇跡的な改善が、がんM+F療法®を始める方の励みになればと思っています。