• CASE
  • 肝臓がん
  • 男性 78歳

9cm大の肝臓癌が2/3に縮小、マーカーも激減し、経過良好。

転移:なし
ステージⅣ

右脇腹に違和感を感じ、病院を受診しました。検査の結果、9cm大の腫瘍があり、B型肝炎からの肝臓がんと診断されました。すぐに肝動注療法を開始しましたが、副作用が強く、吐き気であまり食事が摂れない日が続いていました。右脇腹に感じていた違和感が徐々に鈍痛に変わり、がんが進んでいるのではと、先が見えず不安な日々を過ごしていました。

きっかけ肝臓がんを克服した友人の紹介で、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 2週間

    がんM+F療法®は肝臓がんを克服した友人からの紹介だったので、迷うことはなくすぐに飲用を始めました。主治医が触診し、肝臓の腫れが引いてきていると言っていたので、すこし良い傾向なのかなと思っています。

  • 2ヶ月

    体調の変化は、吐き気や食欲不振が改善され、3食きちんと食べれるようになりました。それに加え、右脇腹の鈍痛が治まってきました。少しずつではありますが、状態は良くなっていて体調が戻ってきたので、分子標的薬も追加できることになりました。来月はCT検査なので、少しでも良くなっていればいいなと思っています。

  • 3.5ヶ月

    CT検査の結果は少し縮小しているとのことでした。マーカーはPIVKA-Ⅱ:332000→94500、AFP:671→409まで下がっいました。主治医は「肝機能も改善してるし、マーカーも良くなっている。少しでも縮小していることは改善傾向」と高評価だったので、安心しました。体調面はなお改善傾向で、今までは横になっていることが多かったのですが、最近は家の中で動いたり、座って話をしたりする時間が多くなりました。

  • 5.5ヶ月

    マーカーがまた下がり、当初よりPIVKA-Ⅱは1/10に、AFPは1/4まで下がり、主治医は「がんの活動が止まっている」と喜んでくれました。CT検査では「大きさは前回と変化ないが、中央部が黒く壊死している」とのことでした。一歩ずつですが確実に改善していて、がんM+F療法®の力を自分の体でも実感し嬉しかったです。

  • 10ヶ月

    先日のCT検査で、また少し縮小し当初の2/3程度になりました。中央部の壊死はそのままで、直径が全体的に小さくなってきているということです。主治医から「少しずつでも縮小していて、小康状態を維持出来ていることはとても良い。上手くがんと共存できている」と言われました。最近では気分の良い日は散歩に出かけたり、外で日光浴をしたりと、体調も気分も良い日が多いので、体感ではかなり改善していると感じています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

がんM+F療法®を始めてから、体調が少しずつ改善され、痛みを感じることもなくなりました。がんもゆっくりペースではありますが縮小していて、がんM+F療法®に出会えたことを家族みんなで喜んでいます。まだ現在は途中経過で、これからもしばらくは治療が続きますが、がんM+F療法®と共に頑張るつもりです。紹介してくれた友人、支えてくれている家族、主治医の先生、いつも相談にのってくれる快適医療ネットワークの皆様に感謝しています。もっと良い報告をできる日が来ることが目標です。ありがとう。