• CASE
  • 食道がん
  • 女性 61歳

3ヶ月で食道癌は急激に縮小、転移部は消失、手術で完全切除へ。

転移:リンパ
ステージⅣa

声のかすれや喉のつかえ感があり、クリニックを受診したところ、リンパの腫瘍が声帯を圧迫していることが判明しました。すぐに大きい病院を紹介され、その後の検査で胸部中央に親指大の腫瘍があり、食道がんであることが判りました。リンパに転移があり、気管と食道に浸潤もあり、手術は不可能で、主治医に「強い抗がん剤を組み合わせて使うが、どこまでがんに効くのかは治療をしてみないとわからない」と言われ、不安と恐怖で押しつぶされそうでした。

きっかけ深刻な状態であると思い、抗がん剤治療だけでは不安になり、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療開始後すぐに、がんM+F療法®を9カプセルの積極飲用で始めました。喉のつかえや違和感がなくなり、声のかすれは多少残っていますが、かなり改善されたと思います。抗がん剤の副作用で少し気分が優れない日もありましたが、それ以上に感じることもなく、1ヶ月前よりは体調はかなり良いと思います。

  • 2ヶ月

    CT検査の結果、当初は親指大だった腫瘍が半分以下にまで小さくなり、リンパ転移もかなりの縮小が確認できるという結果でした。今までは食べにくかった固形物が、最近は問題なく食べれていたので、もしかして良くなっているのではと密かに期待はしていましたが、予想を超える結果にがんM+F療法®の手ごたえを感じました。主治医からは「さらに縮小する場合は、手術ができるかもしれない」と言われ、とても嬉しかったです。この調子で何が何でも手術ができるまで小さくするぞ!と思いながら、カプセルを飲用しました。

  • 3ヶ月

    MRI検査の結果、腫瘍は明らかな形が見当たらず、少し盛り上がっている程度まで縮小していました。リンパ転移もほぼ消失していて、これならば手術ができると言われました。当初のことを考えると、こんなに順調にがんが縮小するとは思っていなかったので、信じられないという思いの方が強かったです。主治医もこんなに早くに手術ができるまで縮小する人は滅多にいないと、喜んでくれました。

  • 4ヶ月

    手術にて腫瘍は全て切除することが出来ました。主治医からは「腫瘍は綺麗に切除することが出来た。当初の状況を考えると手術出来たことはとても大きい」と説明を受けました。術後も順調に回復し、食事も美味しく食べています。喉の違和感などの症状がなくなり体調も良いです。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

手術が出来ないほど進行していると言われ、当初はとても落ち込みましたが、がんM+F療法®のおかげで腫瘍は見事に縮小し、手術で切除できました。この結果は嬉しいの一言では語り尽くせません。カプセルの飲用開始後まもなく症状が緩和したので、もしかしてとは思っていましたが、最高の結果になりました。とはいえ、細胞レベルではまだがんが残っているかもしれないので、これからは再発しないように、食事や生活習慣にも気をつけながら、がんM+F療法®を続けたいと思います。