• CASE
  • 腎臓がん
  • 男性 64歳

腎臓の腫瘍とリンパは縮小し切除、肺転移は縮小・消失。

腎臓がん
転移:リンパ、両肺
ステージⅣ

体調が悪かった訳でもないのに、血尿が出たことにびっくりし、すぐに病院へ行きました。検査で右の腎臓に8cm程の大きな腫瘍があり、腎臓がんだと、告げられました。またリンパにも転移しているようで、手術は出来ないと言われ、大変ショックを受けました。抗がん剤治療を始めましたが、治療の効果が出ず、CT検査で腎臓の腫瘍は大きくなり、両肺に新たに転移していることが判りました。治療をしているのに・・・効果が出ていないという状況をなかなか受け入れられずにいました。

きっかけがん家系で病院の治療だけでは改善が難しいと感じていたため、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    先生から抗がん剤が効きにくい、と聞いていましたが、それでもやっぱり期待はしていたので、がんが大きくなり、肺にまで転移していると言われた時は、これまでの頑張りはなんだったのだろうと思い、治療を続けることも迷い始めていました。がんM+F療法®は治療を底上げすることが出来ると知り、とにかく始めることにしました。カプセルを飲み始めて半月ですが、なんとなく体の調子が良くなったように感じ、これは期待出来るかもしれないと思いました。

  • 2ヶ月

    飲用を始めて2ヶ月が経ちました。治療をしているにも関わらず、体調はとても良いです。先日MRI検査があり、結果は・・・右腎臓・両肺の腫瘍はすべて小さくなっていました!抗がん剤ももちろん続けていますが、絶対にがんM+F療法®が効いたと思い、期待通りの結果になり、とても嬉しかったです。また嬉しいことはそれだけではなく、右腎臓と腎臓周辺にあるリンパを手術で取ることが出来ると言われました。出来ないと言われていた手術が出来るようになり、益々がんM+F療法®の効果だと確信しました。

  • 3ヶ月

    手術で無事右腎臓の腫瘍とリンパ転移を摘出することが出来ました。手術の傷痕は多少痛みますが、それ以外は全く問題ないです。気分も良いし、体調も良いです。手術が出来たことで、不安要素を半分取り除くことが出来ました。あとは両肺の転移です。今のところ、順調に小さくなっているので、これからは肺の転移がさらに小さくなることを願いながら、抗がん剤とがんM+F療法®を続けていこうと心に誓いました。

  • 5.5ヶ月

    抗がん剤とがんM+F療法®を続けた結果、右肺に1.8cmあった転移は1.4cmに小さくなり、左肺にあった2cmの転移と点々とあった転移も消えていました。がんM+F療法®をプラスしたことで、私の体から少しずつ少しずつがんを追い出すことが出来ています。まだ右肺には転移はあるので油断は出来ませんが、先が見えてきたので、この調子で治療もがんM+F療法®も頑張って続けようと思っています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

抗がん剤が効きにくいと言われていたにも関わらず、がんM+F療法®をプラスした時から、治療の底上げという言葉通り、大きくなっていたがんは改善へと向かい、私の心と体を救ってくれました。がん家系で、治療の辛さを傍で見てきていたので、がんM+F療法®を始めることに全く抵抗はありませんでした。自分に合うか合わないかはやってみないと分かりませんし、合わなければ別のもの探したら良い、とにかく元気になりたいという気持ちだけで始めました。どんどん経過は良くなり、最終的に原発とリンパは手術でき、左肺の転移は消失し、右肺の転移も小さくなる、というところまできました。がんM+F療法®を信じ、続けてきて心から良かったと思っています。これからがんM+F療法®始めようと思われている方、きっとがんM+F療法®はあなたの味方をしてくれると思います!