• CASE
  • 肺がん
  • 男性 65歳

切除不能のがん、原発・転移部ともに完全消失へ。

扁平上皮
転移:リンパ
ステージⅢ

肺のがんを取るために手術しましたが、リンパ転移が上大静脈に絡み付いてため、切除は不可能との判断で、何もせずに 手術を終えました。手術でがんは治ると思っていたので、手術できなかったと聞かされ、相当なショックを受けました。

きっかけ資料を読み、自分にはもうこれしかないと思い、がんM+F療法®を開始。

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療とリンパへの放射線治療が始まると同時に、これで絶対に良くなるんだと思って、飲用を始めました。1ヶ月後のCT検査では、肺の腫瘍は虫食いのように影が薄くなっていて、静脈に絡みついていたリンパ転移も小さくなっていると言われました。医師から「こんなに早い段階で、治療の効果が出るとは思っていなかった」と言われ、当初は肺への放射線は出来ないと言われていましたが、肺への放射線も出来るようになりました。無理と言われていた治療が出来るようになり、これはがんM+F療法®が効いていると自信が持てました。

  • 3ヶ月

    3ヶ月後のCT検査では、肺の腫瘍は消失、リンパの転移は半分程まで小さくなり、ポツポツと穴が空いて壊死したような状態になっている、と言われました。これが副作用だと感じるような症状はなく、治療も順調に行なうことが出来ました。治療も経過も順調でこんなに嬉しいことはないと思い、俄然やる気が出てきました。

  • 6ヶ月

    レントゲン検査でも肺の影は全く見えない、と言われました。ですが、リンパの転移はレントゲンでは確認が出来ない位置にあるので、次回のCT検査で確認となり、まだまだ油断は出来ないと思いました。

  • 9ヶ月

    レントゲン・CT検査では肺の腫瘍、上大静脈に絡み付いていたリンパの転移は、ともに完全に消失していて、影は確認出来ない、と言われ、まさかこんな日が来るとは思ってもなかったです。気持ち的なこともあるのかもしれないですが、体もどんどん軽くなり、周りの人からも病気しているようには見えないと言われていたので、そういう言葉も励みになったと思っています。これからは再発予防を目的に、少しずつ飲用を続けていけたらいいなと思っています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

自分でもびっくりするぐらい良くなり、本当なんだろうかと何度も医師に聞きました。医師も何度も結果を見てくれたようで、腫瘍が完全に消えていることに間違いはないと言い、本当に本当に嬉しかったです。何の迷いもなく、思いきってがんM+F療法®をすぐに始めたことが、きっとプラスになっているのだと思います。気持ちや体調に波があり、辛いと思うことが何度もありましたが、その度にこれを飲んでいるから大丈夫と信じて、気持ちを奮い立たせてきました。自宅でカプセルを飲むだけですが、定期的に電話相談も受けることができ、提携の医師と話せたことも安心出来ました。