• CASE
  • 肺がん
  • 男性 55歳

余命2ヶ月の末期がん。肺・リンパ共に、がんは完全消失。

転移:多発性肺
リンパ・骨
ステージⅣ

風邪が長引いていると思っていたのが、だんだん息苦しくなり慌てて病院を受診しました。息苦しさの原因は胸水が溜まっているためで、まずは胸水を5Ⅼ抜く処置を受けました。その後調べていくと、右肺に5cm大のがんと点在している小さいがんが複数あるとわかりました。リンパと骨にも転移があり、ステージⅣで手術はできず、このままなら余命は2ヶ月程度と言われました。思い起こすと1年ぐらい前から空咳が出ていたので、その時に病院を受診していればと後悔でいっぱいでした。

きっかけ少しでも良い方向につながればと思い、がんM+F療法®を開始。

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    居ても立っても居られず、抗がん剤の1週間ほど前からがんM+F療法®を開始しました。抗がん剤の為に入院する際に「自営の仕事のケリをつけて入院してください」と主治医に告げられ、かなり深刻な状態だと理解し、積極飲用の9カプセルで飲用を始めました。飲用開始1ヶ月が経ちましたが、副作用は想像していたよりかなり軽く、頭痛が少しあるだけなので、がんM+F療法®のお陰かなと思っています。

  • 3ヶ月

    5cm大だった腫瘍は半分以下の2cmまで縮小し、点在していた小さいものは見えなくなっていました。主治医も「ここまで短期間で良くなる患者さんは珍しい」と驚いていました。がんM+F療法®がしっかり働いてくれているんだと実感し安心しました。治療に専念するために仕事はお休みしていますが、この調子でさらに改善し、もう一度再開できることを目標に頑張るつもりです。

  • 4ヶ月

    電話相談の先生にも経過が順調だと褒めてもらい、相談の結果、その後は飲用量を6カプセルに減量しています。今月のレントゲン検査でも縮小を維持できていると聞いてホッとしました。咳や痰はほとんど出ず、食欲もあり、散歩や軽い運動もできるようになり、体力も戻ってきて、体調面でも改善を実感しています。

  • 6ヶ月

    CT検査の結果、判明当初5cm大だった腫瘍は1cmまで小さくなり、点在していた腫瘍は消失を維持、リンパ転移はほとんど見えないという最高の結果でした。骨に関しては現状維持で変化していないそうです。最近は食事に気をつけたりと日常生活で出来ることも実践しています。

  • 10ヶ月

    ついに、肺・リンパ共に完全に消失しました!骨もかなり薄くなってきて良い状態とのことでした。主治医は「抗がん剤は使っているうちに効かなくなってくることが多いが、同じ抗がん剤を長い期間使えることも珍しいし、それでここまで改善するなんて本当にすごいこと」と褒めてくれ、今回で抗がん剤も終了しました。今後は3ヶ月に1回の受診で経過観察をする予定です。

  • 2年

    2年目のCT検査の結果でも、肺・リンパは消失を維持し、再発もしていません。仕事も再開し、元通りの生活を送っています。咳や息苦しさなどの症状もなく、病前より元気になった気がしています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

肺がん判明時は余命2ヶ月だったのに、それから約2年が経ちました。現在も肺・リンパは消失を維持し、骨も良い状態を維持できています。余命を超えても元気に過ごせているのは、がんM+F療法®のお陰と思っています。ここまでの道のりは順調だったとはいえ、不安な気持ちで眠れない日もありました。そんな時も「がんM+F療法®のカプセルがあるから大丈夫!」とがんM+F療法®が大きな支えになって、前向きに闘病生活を送れました。このまま再発することがないように、がんM+F療法®にはもう少しの間お世話になり頑張っていきます。