• CASE
  • 大腸がん
  • 男性 67歳

手術不可能だったが・・・。わずか3ヶ月で大幅縮小、手術で完全切除へ。

直腸
転移:肝・リンパ
ステージⅣ

便が出にくく、肛門科へ行き、内視鏡検査とCT検査を受けることになりました。検査で直腸に大きな腫瘍があり、便が出にくくなっている原因だと言われました。詳しく検査をしていく中で、腫瘍は直腸だけでなく、肝臓・リンパにまで及んでいることが判りました。また直腸の腫瘍は付近の臓器に癒着していたため、抗がん剤で腫瘍が小さくなれば、手術ができると言われました。

きっかけできるだけ早く手術をしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    少しでも早く縮小させて手術をしたかったので、抗がん剤のスタートとほぼ同時にカプセルの飲用を始めました。最初は担当の方に、いつぐらいから効果を感じることが出来るのか、飲むことによってどのような良い症状を感じることが出来るのかなど、細かく色んなことを聞きました。その度に親身になって対応してくれたため、不安も解消され安心して飲用出来ました。カプセルを飲用しているお陰で、必ず出ると言われていた副作用も今のところ特に感じておらず、がんM+F療法®の力を早速感じています。

  • 2ヶ月

    CT検査の結果、転移している肝臓は半分にまで縮小、リンパも全体的に小さくなっていている、と言われました。素直に嬉しかったです。提携の先生とのご相談の中でも、がんは自ら小さくなることはないので、そのがんが小さくなるということは、とても良い傾向だという話があり、抗がん剤の効果も、カプセルの効果もしっかり出ているのだと感じました。抗がん剤の副作用で手にしびれは出ていましたが、生活に大きな支障はありませんでした。

  • 3ヶ月

    大腸の検査では、なんと直腸の腫瘍が手術可能なサイズまで小さくなっている、と言われました。マーカーも大幅に下がっていたそうです。主治医の先生も「手術ができるようになるのはもっと先と思っていたが、とても優秀!」と一緒に喜んでくれ、手術の日程も具体的に決まり、やっとここまで来られたと嬉しい気持ちでいっぱいでした。

  • 4ヶ月

    直腸の腫瘍とリンパ転移は手術ですべて取り除くことが出来ました。前回の検査時より腫瘍がさらに縮小していたので、手術時間も短く済んだとのことでした。またまたカプセルの働きを感じることが出来、がんM+F療法®を始めて良かったと心の底から思いました。これからは肝臓の転移も手術が出来るように、抗がん剤とがんM+F療法®を続けていくつもりです。術後の回復も思っていたより早く、抗がん剤も早々に再開出来そうです。

  • 6ヶ月

    手術から2ヶ月が経過しましたが、体調は良好です。その後再発もなく、肝臓の腫瘍も一回り小さくなっています。「来月の検査結果を見て、手術に向けた話し合いをしましょう」と主治医の先生から言われています。直腸の手術ができただけでもすごいのに、わずか半年で肝臓の転移も手術出来る状態にまで縮小するなんて、こんな嬉しい驚きはありません。また一歩、克服に近づけたことを実感しました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

がんと診断された時は、まさかたったの半年でこんなに良い状態になるとは思ってもみなかったです。無事に直腸のがんは手術ですべて切除が出来、肝臓の腫瘍もあと少しで手術が出来ると聞いています。抗がん剤も続けている割には体調も良いと感じています。早々に直腸の手術が出来たことや、手術後の回復が早かったことも、がんM+F療法®が手助けしてくれたからだと思います。早い段階で手術が出来たということは、私にとってはとても大きな光で、克服に向けて希望を持つことも出来ました。この勢いで肝臓の腫瘍も手術が出来る状態へと繋げられるよう、もう少しがんM+F療法®の力を借り、頑張りたいと思います。