• CASE
  • 胆管・胆嚢がん
  • 女性 63歳

5cm強の腫瘍が1/3に縮小、手術で完全切除へ。

胆管がん
転移:不明
ステージⅣ

腰痛がなかなか改善せず、他の病気ではと疑い始めた頃に、黄疸の症状が出てきたため、慌てて病院を受診しました。精密検査の結果、胆管がんで腫瘍が胆管を圧迫して黄疸が出ていることが判り、血管や胆管が複雑に絡み合っている位置に腫瘍があるので、手術・放射線はできないと言われました。黄疸処置にステント留置術を行なった後に、抗がん剤治療を開始することになりました。

きっかけ手術や放射線ができないと聞き、抗がん剤だけでは不安に思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    ステント留置術が終わり、点滴と服用の抗がん剤治療が始まりましたが、すぐに白血球が減少し抗がん剤治療を中止することになりました。このままではがんは進行してしまうと思い、がんM+F療法®のカプセルを飲むことが、今できる最善の策だと信じて飲み続けました。がんM+F療法®を始めたことで体調の変化などは、残念ながらまだ特に感じていません。

  • 1.5ヶ月

    体調が回復したので抗がん剤治療を再開することになりました。血液検査をしたところ、1ヶ月前はCEAが20.6でしたが、今回は9.4まで下がっていました!まさか抗がん剤治療を中止している間に半分以下に下がるとは思ってなかったので、本当に嬉しかったです。主治医の先生からも「何も治療をしていない間にマーカーが下がることは珍しいことだよ」と褒めてもらいました。これからは抗がん剤治療も再開するし、一気にがんが改善するのではと期待が膨らみました。

  • 3ヶ月

    CT検査の結果、がんが縮小していました!5.2cmあった腫瘍が3.5cmまで小さくなっていました。がんM+F療法®のカプセルがきっちりと体の中で働いてくれていたんだと思い、飲用を続けてきて良かったと心の底から思いました。マーカーもCEA:5.2まで下がり、正常値まであと少しです。食欲はまだ本調子とまではいきませんが、抗がん剤の副作用は前回よりはかなり軽いと感じています。良い状況なので、電話相談の先生と相談し、カプセルの飲用数を減らすことにしました。

  • 5ヶ月

    CT検査の結果、さらにひと回りがんは縮小していました。2cmにまで小さくなっていました。当初から比べると半分以下にまで小さくなっていると思うと、この調子で消失するまでがんばれるんじゃないかと俄然やる気が出てきました。マーカーもついに4.3まで下がり、正常値になりました。主治医の先生からは「これならば、手術で摘出できる」と言われ、とても良い傾向だと先生と一緒に喜びました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

私が一番良かったと思うことは、副作用で治療を中止している間もがんM+F療法®は変わりなく続けられたことです。自宅でカプセルを飲むという方法が体力がない時にはとても助かりました。そのお陰で治療中止中でもマーカーは下がり、手術はできないと言われていたのに、手術ができるまでに改善しました。次の受診で具体的な手術日程を決めることになっているので、手術までにもうひと回りがんが縮小するように、最近カプセルの飲用数を多い量に戻しました。がんM+F療法®を始める時は手術ができるようになるなんて夢のまた夢と思っていました。まさか現実になるなんて・・・、がんM+F療法®に出会えて良かったです。次の目標は手術が終わり体調を戻して、退院のお祝いに主人にヨーロッパ旅行に連れて行ってもらうことです。