• CASE
  • 肺がん
  • 男性 77歳

左肺2ヶ所、肺門リンパ、すべての肺がんが完全消失。

小細胞
転移:肺門リンパ
ステージⅣ

咳や痰が出て、声も枯れ、食べ物がつかえるようになり、病院に行きました。元々タバコをよく吸っていたこともあり、もしかして肺がんではとすぐに頭に浮かびました。案の定、左肺に2ヶ所と肺門リンパにがんがあると診断されました。細胞のタイプを判定してから治療開始になるので、少なくても数週間はかかると聞き、治療が始まらないもどかしさと不安でいっぱいでした。

きっかけ少しでも早く良くなりたいと思い、病院での治療開始前に、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 0.5ヶ月

    かなり時間がかかりましたが、小細胞肺がんと診断されました。今後は抗がん剤治療と放射線治療をして様子を見ていくことになりました。がんM+F療法®を始めて2週間が経ちました。咳と痰が多いため、初めは1日3カプセルから始めて、徐々に増量し、今は1日9カプセル飲用しています。小細胞肺がんは増殖が速いと聞いたので、少しでも早くからがんM+F療法®を始めたことで、増殖を抑えているに違いないと思っています。

  • 1ヶ月

    少し前から放射線照射と抗がん剤治療が始まりました。がんM+F療法®を始めて1ヶ月が経ちますが、最近は咳と痰が少なくなったと感じています。喉のつかえも楽になり、食事の量も増えました。お陰でこれから治療に挑むための体力もつきました。

  • 2ヶ月

    放射線治療が終わって少し経った時にCT検査をしました。結果は「左肺のがんは2つとも半分程度まで縮小、リンパ転移はほぼ見えなくなっている」とのことでした。治療が始まって間もないのに、がんが小さくなっているのは、がんM+F療法®のお陰だと思いました。心配していた抗がん剤の副作用も、脱毛と多少の白血球の低下があるぐらいです。

  • 3ヶ月

    主治医から「がんは9割方良くなっている」と説明を受けました。たったの3ヶ月でがんはほぼ見えなくなるという、奇跡が起き、とても嬉しいです。また咳や痰、喉のつかえもなくなり、体調もかなり良いです。

  • 5ヶ月

    「全てのがんは完全に消えていて、寛解ですね」と言われました。一番願っていたことが、現実になり、ついにがんを克服することが出来ました。治療もがんM+F療法®も諦めずに、続けてきて良かったです。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

私の感想はこれです。「あー飲んでいて良かったー!」がんM+F療法®の効果には本当にビックリし、感謝しています。肺がんの治療が始まるまでの数週間は不安で仕方がなく、すぐにがんM+F療法®を始めました。最初は本当にこれを飲むだけで大丈夫かなと心配でしたが、信じて積極的に飲みました。主治医の先生も家族も驚くぐらい早く良くなって、何より私自身が一番驚いています。この5ヶ月間は、いつ何時もがんM+F療法®が私の支えでした。がんは完全に消え、増殖の速い小細胞肺がんに見事に勝つことができました。がんM+F療法®、抗がん剤治療、放射線治療、全部が私に合っていたのだと思います。こんなに早くに良くなったからには、絶対に再発しないようにしたいです。仕事は息子に任せつつ、まだもう少しの間は現役でがんばろうと思っています。それもこれも、がんが治ったお陰で、本当に幸せなことだと実感しています。