• CASE
  • 肺がん
  • 男性 64歳

余命半年の肺がんが大幅に縮小し、 点在部は消失。

小細胞
転移:リンパ・肝
副腎・頭蓋骨
ステージⅣ

咳が続いていて、家族から病院へ行くよう言われ、やっと受診。レントゲン検査で肺が白くなっていて、精密検査を行なうことになりました。検査の結果は、かなり進んでいる肺がんと言われ、早急に治療をしないと余命半年と宣告されました。考える間もなく、抗がん剤治療を始めることになりました。

きっかけ私の病状を心配した姉が持ってきてくれ、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 10日

    落ち込む間もなくあれよあれよと事が進み、抗がん剤治療が始まりました。抗がん剤治療を始めると同時に、勧められた通り1日9カプセルで飲用を始めました。飲用を始めて数日だったので、正直これのお陰かはわかりませんが、咳が減り、レントゲン検査では少し良くなっていると言われました。

  • 3.5ヶ月

    CT・MRI検査では、肺は診断時の半分以下に小さくなっていて、肺の中に複数あった腫瘍はほぼ消えていると言われました。また肝臓や副腎の転移もかなり小さくなっているとのことでした。抗がん剤をしているからとも思いましたが、副作用も軽い貧血のみだったので、今思うと飲用していることも大きな力になっていたのかなと思いました。

  • 6ヶ月

    前回の検査から、進行することなく縮小を維持し、良い状態を保てていると言われました。頭蓋骨の転移はもし進むようであれば、放射線をすると言われていましたが、こちらも進行することなく、放射線の必要はないと言われました。抗がん剤も続けていますが、しんどいなと思うこともあまりなく、咳はほぼ出なくなり、飲用を続けていることが、良いのだと始めて実感しました。

  • 1年

    余命半年と言われてから、1年が経ちます。がんはまだ体の中にありますが、暴れだすこともなく、進行していない状態を保っています。もちろん体の中から、がんが消えてくれることほど嬉しいことなないですが、仕事にも行くことができ美味しくご飯が食べられることが今はとても嬉しいです。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

診断時に「早く治療を始めなければ・・・」、と告げられた時の医師の顔を今でもはっきりと覚えています。日常が一変し、最初はわけもわからずカプセルを飲んでいましたが、毎日欠かすことなく飲んでいたことを思うと、気持ち的にも助けられていたのだと思います。こうやって改めて状況をみると、肺の腫瘍は半分以下まで縮小し、点在していた腫瘍も消失したので、がんM+F療法®を続けて本当に良かったと思います。