• CASE
  • 大腸がん
  • 男性 55歳

大腸がん1/3縮小、多発性肝転移の点在部は消失し、完治まであと少し

直腸
転移:肝・リンパ
ステージⅣ

腸閉塞を起こし病院を受診し、調べていくうちに直腸がんということがわかりました。肝臓には広範囲に点在する形で転移があり、ステージⅣでした。直腸はすぐに手術が必要とのことでしたが、肝臓の転移は手術ができず、抗がん剤治療だけでがんを完全に治すことは難しいので、生きられる期間はあまり長くないと言われ、目の前が真っ暗になりました

きっかけ抗がん剤だけでの克服は難しいと聞き、できることは何でもしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    手術後、食事開始と同時にカプセルの飲用を始めました。抗がん剤開始までの間に、カプセルでがんの勢いを抑えて、弱らせたいと思い、9カプセルをきっちり忘れることなく飲みました。術後の回復が早かったのもカプセルのお陰かもしれません。抗がん剤治療は手術3週間後から開始になりました。

  • 3ヶ月

    副作用は比較的軽く、治療は順調に進んでいます。他の患者さんを見ていると、副作用で苦しんでいる人が多く、がんM+F療法®のお陰で副作用が軽く過ごせているのだと思っています。 CT検査の結果、大きな腫瘍は25%程度縮小していて、小さいものは見えなくなっていて、点在の範囲が小さくなっているという、とても良い結果でした。縮小していてとても嬉しかったですが、主治医が「経過は良いが、決して楽観ができる状況ではない」と話したので、不安が拭いきれませんでした。電話相談の先生に今後の飲用量をアドバイスしてほしいと思い、このタイミングで電話相談をしました。

  • 4ヶ月

    電話相談では「まだ肝臓の転移は点在しているので、確かに楽観はできないが、CT検査の結果はとても良いと思う。6カプセルに減量しても良いでしょう」とアドバイスをもらいました。がんM+F療法®は、がんの勢いを抑える働き以外にも、副作用を軽減し、抗がん剤がスケジュール通りにできるように全身状態を整える働きもあると教えてもらい、ますますやる気がでました。せっかく縮小傾向なので、カプセルは先生のアドバイスより多い8カプセルで飲用することにしました。

  • 7ヶ月

    今回のCT検査では大きな腫瘍は前回の半分程度になっていて、点在していたものはほとんど見えなくなっているという、またまた素晴らしい結果でした。実は検査の前日は不安で仕方がなく、結果を聞く日まではご飯もなんだか美味しくなかったです。結果を聞いた時はホッとして本当に本当に嬉しかったです。前回は慎重な発言だった主治医も今回は「すごく良い結果だよ。こんなに順調に縮小するケースは珍しいですよ」と褒めてくれました。手術ができる可能性も出てきたと聞き、次回の検査までこの状態をキープし、もっと縮小させるぞ!と新たな目標ができました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

生きられる期間はあまり長くない・・・この言葉が私の脳裏から離れず、がんと診断された当初は、精神的にとても辛い毎日を過ごしていました。がんM+F療法®の資料を見て、これしかないと思い、すぐにサポートセンターに連絡し、早速カプセルの飲用を始めました。手術・抗がん剤と治療を続けていく中で、体調は万全とまではいきませんが良い方だと思います。がんも当初の1/3以下にまで縮小し、点在していた小さなものは見えなくなっています。仕事も無理のない程度に継続できているので、これからも治療と仕事の両立で頑張りたいと思います。がんM+F療法®でがんの勢いを抑えることで、抗がん剤の働きも感じやすくなり、その上、体調を維持しながら治療もスケジュール通りにできることで、一気にがんを攻撃できている結果だと思っています。総合的にみて、がんM+F療法®がなければ、ここまで順調に改善していなかったでしょう。がんM+F療法®とともに抗がん剤を続けていけば、手術で切除し、がんを克服するという目標も達成できるのではと思っています。がんM+F療法®は私にはなくてはならないものです。ありがとうございます。