• CASE
  • 大腸がん
  • 男性 61歳

S状結腸、リンパ、骨 すべての癌が完全消失。

S状結腸
転移:リンパ・骨
ステージⅣ

下腹部に違和感があり、病院を受診しました。血液検査をしたところ、異常値があり、精密検査を受けることになりました。下腹部に違和感を感じていたぐらいで、体調に大きな変化がなかったので、がんが骨にまで転移していると聞かされた時は、何かの間違いでは・・・と思いました。手術は出来ないと言われ、すぐに抗がん剤治療を始めることになりました。

きっかけ出来ることは何でもしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    がんM+F療法®を始めて、1ヶ月後の検査で、大腸・リンパはともに小さくなっていると言われました。また下腹部にあった違和感は、徐々に軽減されているように思います。

  • 2.5ヶ月

    抗がん剤の影響で肝数値が上昇し、抗がん剤の量を減らして、治療を続けることになりました。抗がん剤を減らすことによって、がんが大きくなるのではとの不安もあり、とても心配でした。十分な治療は出来ていませんでしたが、結果、抗がん剤を減らしても、マーカーは順調に下がっていて、がんM+F療法®が効いていると感じました。

  • 3.5ヶ月

    マーカーはさらに下がり、正常値をキープしています。自分にとってがんM+F療法®は、結果はもちろん、気持ち的にも大きな支えになり、今ではこれがあれば大丈夫と自信を持つことも出来ました。副作用で足に痺れがありますが、以前に比べると痺れは軽くなっています。

  • 5ヶ月

    PET検査で、大腸、リンパ・骨転移ともに消失、がんの形跡がないと言われました。その結果を言われた時は嘘だと思いました。骨にまで転移をしていたため、その結果がなかなか信じられず、主治医に何度も確認をしました。また主治医は「担当した患者で形跡がないという経過に至った人はこれまでにいない」と話していて、がんM+F療法®を取り入れて良かったと心から思いました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

抗がん剤治療も標準の量ですることが出来ず、これが自分の運命なんだと思い、正直諦めていた時期もありました。ですが、やっぱり治したいと思う気持ちは強く、なんとかがんM+F療法®が力を発揮してくれないかと願いながら必死に飲用を続けました。その願いが通じたのか、早い段階でマーカーは大幅に下がり、これはもしかして・・・と期待する気持ちが大きくなり、治療も頑張ろうと思うことが出来ました。たったの5ヶ月でがんの形跡がないという結果を聞けるとは、夢にも思っていませんでした。信じるものは救われるという言葉を身を持って体感しました。これからはがんを再発させない体作りをしていこうと思います。