• CASE
  • 大腸がん
  • 男性 57歳

大腸がん3度目の再発、難しいと言われたが癌は完全消失。

直腸
転移:肺・リンパ
ステージⅣ

肺への再発を繰り返していて、その度に抗がん剤・手術をしていました。3度目の再発が判り、今回の再発は手術はできず、治療にも限りがあるので、これ以上がんを進行させないことを目的に抗がん剤治療をする、と主治医から言われました。さすがにもう、がんは治ることはないのだと思い落ち込みました。

きっかけ完治は難しいと言われたが何とかがんを克服したいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療を再び始め、副作用をとても心配していましたが、前回の再発で抗がん剤をした時よりも軽いように感じました。食欲はあり、体調も治療をしている割には良いほうだと思い、早速がんM+F療法®の効果が出ていると思いました。またマーカーも1/3まで一気に下がり、気分も上がりました。

  • 2ヶ月

    飲用を始めてから2ヶ月後にCT検査がありましたが、肺に2ヶ所あった転移の1ヶ所は、6mmから2mmまで小さくなり、もう1ヶ所はほぼ見えない、リンパに関しても影が薄くなっている、という驚くべき結果でした。

  • 5ヶ月

    肺の転移もリンパの転移も小さい状態を維持しており、放射線が出来るようになりました。順調に転移は小さくなり、マーカーも下がり続けているのは、やはりがんM+F療法®のお陰だと思いました。痺れなどの副作用も出ることはなく、体調も良いため、仕事に復帰出来ました。

  • 8ヶ月

    ついに画像検査上では転移は全て消えていると言われ、飛び上がるぐらい嬉しかったです。経過が良くなるにつれて、体調は良くなり、少々の無理も出来るようになりました。念のため、抗がん剤はしばらく続きますが、再発予防のためにもがんM+F療法®を続けていきます。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

3度目の再発で、がんが完全に消えるまで良くなるとは思っていませんでした。病状が悪くなることもなく順調だったのも、がんM+F療法®のお陰だと感じています。体調も病気をする前とほぼ変わらず、やりたいことを楽しみながら、毎日を過ごせています。これからは、絶対に再発させないということを目標にがんM+F療法®を続けていきます。