• CASE
  • 悪性リンパ腫
  • 女性 79歳

リンパ腫が縮小、その後も腫瘍は活動せず経過は良好。

濾胞性(左頸部2cm)
転移:傍大動脈・左鼠径部・骨盤横
ステージⅣ

数年前から動脈硬化があり、検診で1年に1回検査を受けていました。その検査で、左首に腫瘍があると言われ、別の病院で検査を受けることになりました。左首の腫瘍は手術で取り、結果は悪性リンパ腫だということが判りました。また左首以外にもお腹・左足の付け根、骨盤の横のリンパにも腫瘍があることが判り、抗がん剤治療を始めましたが、手と足の裏のしびれがきつく、とても辛かったです。

きっかけご主人を一人には出来ないと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    手足のしびれがきつかったので、抗がん剤の数を一つ減らして、治療を続けています。しびれがあるので、歩きにくく字も書き辛いです。ですが、私にはまだまだしなければいけないことがたくさんあるので、病気に負けている場合ではありません。がんM+F療法®も始めたので、気持ちを強く持って、毎日を過ごそうと心に決めました。今のところ、がんM+F療法®でこれといって体に感じるものはありませんが、お腹は空き、食事は美味しく食べられているので、もしかするとこれも効果の一つだったのかもしれないです。

  • 2.5ヶ月

    主治医から濾胞性リンパ腫は治りにくいと言われていますが、CT検査では、傍大動脈の腫瘍は少し小さくなっていると言われました。他も大きさは変わっていないそうです。治りにくい上に、がんは自分から小さくなることはないと説明を受けていたので、がんM+F療法®の効果が少しずつ出てきていると思い、嬉しくなりました。もちろん良くなると思ってカプセルは飲用しています。

  • 9.5ヶ月

    病状が落ち着いているので、一つの抗がん剤で様子を見ています。CT検査では現状維持で、良い状況を保てていると言われ、ホッとしました。主治医も、まだまだ頑張れると言ってくれているので、そういった言葉もとても励みになっています。自分が病気になるなんて、天と地がひっくり返っているとすら思っていますし、病気には絶対負けないと常に思っています。食事は何を食べても美味しいと感じているので、体は元気になっていると思います。まだ手足にしびれはありますが、気分転換に買い物へ出かけたり、お友達と会って、おしゃべりを楽しんで毎日を過ごしています。

  • 1年7ヶ月

    CT検査では、腫瘍に動きはなく、良い状況を保てています。治りにくいと最初に聞いていたとおり、完全に治るところまでいくにはまだ時間がかかりそうですが、腫瘍に動きもなく、体調も良いので、今の状況には満足をしています。抗がん剤は続けていますが、2ヶ月に1回の間隔になっているので、体はだいぶ楽になり、手のしびれも緩和されています。家事も出来るようになり、やる気も出てきました!冷えると足のしびれを強く感じるので、足湯をして、なるべく冷やさないようにしています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

がんM+F療法®には長い期間お世話になっています。今も少しずつですがカプセルの飲用を続けています。腫瘍に動きはなく、抗がん剤の間隔が空いているのは、ずっと飲み続けてきたこのカプセルのお陰かなと思っています。またこうやってカプセルを飲み続けられていることも、元気な証拠だと私自身思っています。まだ先は長そうですが、美味しくご飯が食べられ、お友達とおしゃべりを楽しんだり、外に出掛けることも出来ているので、とても嬉しいです。ゆっくり自分のペースで、カプセルの飲用も続けていこうと思います。