• CASE
  • 胃がん
  • 女性 58歳

余命1年の腹膜播種、癌の進行を抑え、余命を超えても元気。

幽門部3cm
転移:リンパ・
腹膜播種
ステージⅣ

食欲がなくなり、体重減少、吐き気や胃痛があり病院へ行きました。詳しく検査をして胃がんと診断されました。胃の出口のほうを手術で取りましたが、術後の説明でリンパにがんは残っていて、腹膜播種も起こしていると言われました。腹膜播種は飛び散るように広がっていて深刻な状態だと知り、とても怖くなりました。腹膜播種が広がると腸閉塞を起こす可能性があると言われ、これからの闘病生活を考えると先の見えないトンネルに入った気持ちでした。

きっかけ手術で全てのがんを取ることができず、何か出来ることをしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療をしていますが、想像をしていたような副作用は出ていません。毎日9カプセル飲用していることが、副作用の軽減に役立っているのかなと思っています。また食事は6回に分けていますが、1回の量が少ないながらもしっかり食べれているので、減っていた体重も戻ってきました。術後の回復も順調のようで、主治医から「体重はなかなか戻りにくいはずなのに、順調に増えてるのは良いこと」と褒めてもらい、嬉しかったです。

  • 3ヶ月

    検査では新たな転移はなく、腹膜播種も増減なく現状維持と言われました。腹膜播種は広がりやすいと聞いていたので、現状を維持出来ていることに、ホッとしました。抗がん剤の回数を重ねることで、軽い倦怠感を感じるようになりましたが、全体的にみれば軽いほうだと思います。

  • 9ヶ月

    検査の結果は変わらず新たな転移はなし、腹膜播種も変化なく現状維持でした。腹膜播種が減少してくれていたらと思っていたので、現状維持と聞き少し残念な気持ちになりました。しかし、主治医からは「腹膜播種でずっと変わらない状況を保てるのはかなり珍しい。あまりこのような例は見たことがない」と褒められました。私の病状からすれば、現状維持が出来ている今の状況がとてもすごいことだと実感しました。残念な気持ちも、不安な気持ちも、主治医の言葉を聞いて吹っ飛びました。体調はとても良く、食事も1人前をしっかり食べれるようになりました。副作用はゼロではないですが散歩に行ったりストレッチをしたり、生活に支障をきたすことはなく過ごすことが出来ています。

  • 1年

    手術から1年強が経ちましたが、がんの状況は変わることなく現状を維持出来ています。主治医からは「がんの動きが止まっているかもしれない」と言われています。がんが動き出すことなく、勢いを抑えることが出来ていて、治療も変わらず続けられているのは、がんM+F療法®のお陰だと感じています。最初は多い量でカプセルの飲用を始め、電話相談の先生と相談しながら慎重にカプセルの量を減らしていきました。飲用量を減らしても維持出来ていることは、とても嬉しかったですし、しっかり体の中でがんM+F療法®が働いてくれているのだと思いました。

  • 3年

    手術から3年が経ちました。体の中にがんはありますが、がんは活発に動き出すことなく増減なく維持出来ています。また、主治医からも「状態は良い」と言われていて嬉しいです。調子は良く、食事も美味しく食べられています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

がんM+F療法®は、私にとって魔法のお薬のようなものです。これに出会っていなかったら、今も元気でいることは難しかったのではないかと思っています。主治医と同じく、電話相談の先生からも「腹膜播種は広がりやすく、腹水も溜まることが多い。年単位はなかなか珍しいくらいの良いケース」と言われ、進行が抑えられ、がんと上手に共存できていることは、やはりかなりすごいことなのだと感じています。抗がん剤にがんM+F療法®を加え、さらに食事療法をするなど、出来る範囲でやれることは今後も続けていくつもりです。今の状況に感謝しながら、現状を維持・さらに良くなることを願って、がんM+F療法®は続けていこうと思います。