• CASE
  • 胃がん
  • 男性 34歳

スキルス胃がん末期、マーカー激減、胃も転移部も見事に縮小。

スキルス
転移:腹膜播種・
鎖骨下
ステージⅣ

食欲が落ち、胃の具合も悪くなり、近所のクリニックでお薬を処方してもらいました。2ヶ月程様子を見ましたが症状は治まらず、詳しく検査をした結果、スキルス性の胃がんと診断されました。がんは胃全体に広がっていて、腹膜と鎖骨下に転移があり腹水もあるため、手術は出来ないと言われました。まさか30代の自分ががんになるなんて思ってもいなかったので、末期でかなり深刻な状況であることが信じられず、受け入れることが出来ませんでした。

きっかけ家族が、何か抗がん剤以外にできるものはないかと探してくれたので、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療開始と同時に、がんM+F療法®も始めました。腹水が増加してきたこともあり、腹囲が20cmほど増加していてかなりの圧迫感を感じています。食事はあまり食べられませんでしたが、カプセルは毎日欠かさず飲んでいます。抗がん剤の副作用で倦怠感もあり、一日のほとんどをベッドで過ごしている状態です。

  • 2ヶ月

    がんM+F療法®は9カプセルで飲用中です。CT検査は2ヶ月後なので、がんの状態はまだわかりませんが、体調には明らかな変化があります。一番嬉しい変化が、腹水が減ってきたことです。増加していた腹囲がかなり減少しました。腹部の圧迫感もなくなり、食事も通常の量よりまだ少し少ないですが、しっかり食べられるようになってきました。腹水が減少したことで体が楽になり、日中は家の中を動き回れるようになりました。

  • 3ヶ月

    腫瘍マーカーがすごく減っていました!3ヶ月前はCA19-9が386でしたが、今回は78まで。そしてCEAは138から26.8まで下がっていました。主治医の先生も「マーカーはがんの広がりを見る数値だからまだ楽観視はできないけど、これだけマーカーが下がるということは良くなっているということだよ」と話してくれ、とても嬉しかったです。

  • 4ヶ月

    CT検査の結果、胃は全体的に薄くなり範囲も狭くなっていて、かなり良くなっていると言われました。腹膜播種も数が少なくなっていて腹水もなく、良い状態だそうです。「マーカーも下がっているしCT検査でも改善が確認できたので、とても順調な経過だ」と主治医の先生も予想を超える改善に驚いていたようでした。私自身も信じられないくらいの改善で、がんM+F療法®が効いていると思い、手ごたえを感じました。もちろん、体調もとても良いです。

  • 5ヶ月

    腫瘍マーカーが、またまた下がっていました!CA19-9は43まで下がり、正常範囲まであと少し、CEAは4.1まで下がっていて正常範囲内でした!主治医の先生が言うには、CA19-9とCEAが共に下がることはとても良い傾向らしいです。副作用も負担になるほどではないし、体調も良いです。まだまだ油断はできませんが、この調子で抗がん剤もがんM+F療法®も続けていこうと思っています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

スキルス性胃がんはとても難しいがんだ・・・治療しても効果がないかも知れない・・・腹膜播種は厄介だ・・・など、インターネットで調べれば調べるほど怖くなってきました。その上、食事も満足に食べられない状態が続き、心身共に滅入っていた時に家族が見つけてくれたがんM+F療法®は、私には唯一の望みでした。すぐに始めると決め、当初は腹水の影響で腹部の圧迫感が酷く、カプセルを飲むのも辛いほどでしたが必死で飲み続けました。その甲斐あってか、1ヶ月が経過したころから腹水が減少し、体調が良くなってきました。その後はマーカーも順調に下がり、がんも小さくなってきています。かなり厳しい状態から私を救ってくれたがんM+F療法®には、感謝の気持ちでいっぱいです。まだまだ闘病生活は続きますが、がんを克服するまでがんM+F療法®のお世話になるつもりです。