• CASE
  • 前立腺がん
  • 男性 58歳

肺転移が完全消失、PSAも72.3→0.128へ。

前立腺がん
転移:右肺・骨
グリーソンスコア8

頻尿・血尿・残尿感などの症状があり、病院へ行きました。PSAが72.3と、正常値を大幅に超えていて、生検を受けることになり、その検査で前立腺がんと診断されました。頻尿などの症状しか自覚としては感じることがなかったので、まさか肺・骨などの全身に転移があるとは思っておらず、大変ショックを受けました。手術は出来ず、抗がん剤治療を始めましょう、と言われました。

きっかけ全身に転移があり、少しでも治療の助けになればと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    PSA:72.3から14.2まで一気に下がりました。体にだるさはありますが、日常生活に支障が出るような強い副作用は出ていません。病気をする前と大きく変わったところはなく、普通に日常を送れているので、有難いです。血尿は徐々に治まり、残尿感も少し解消されました。

  • 2ヶ月

    右肺の転移が少し小さくなりました。またPSAも5台まで下がり、がんの勢いが抑えられているのかなと思うと、とても嬉しくなりました。治療とがんM+F療法®の併用を続けることで、さらに良い結果が期待できるのではと思い、希望を持つことが出来ました。

  • 5ヶ月

    「右肺の転移は完全に消失」最初聞いた時は耳を疑いました。先生は前回までの画像と比較しながら説明をしてくれ、確かに今まであった場所に影はありませんでした。がんが消えるという奇跡が起きました!とても嬉しいです。また骨の転移に動きはありませんでした。こちらの結果も嬉しいです。トータル的に見て、肺は消失・骨は現状維持・PSAは低下と、どの結果も良く、心からがんM+F療法®を続けて良かったと思いました。すごくすごく嬉しいです。自分でも本当にがんなのだろうかと疑うぐらい、体調もとても良好です。そして当初あった症状も、すべて解消されました。

  • 8ヶ月

    PSAは順調に下がり続け、骨転移も悪くなることなく、前回の状況を維持しています。先生からも「病状が悪化することもなく、非常に良い状況を維持出来ている」と褒められ嬉しいです。診断当初、いずれ骨に痛みが出てくると言われていて、毎日が怖かったですが、全く痛みも出ていません。普通に体を動かすこともでき、日常生活への支障も全くありません。

  • 1年
    2ヶ月

    PSAはついに0.128まで下がりました。また嬉しいことに骨転移も進行はしておらず、活動性がなくなってきている、と先生から言われました。状況は徐々に改善に向かい、なんとしてでもがんを克服すると心に誓いました。このような気持ちを持てたのも、がんM+F療法®のお陰だと思っています。体もとても元気で、病気をする前とほとんど体調に変わりはありません。また経過も良いので、抗がん剤を終了し、ホルモン療法を始めました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

たったの1ヶ月で一気にPSAは70台から10台へ下がり、最初はこの結果を疑いました。ですが、PSAは下がり続け、抗がん剤治療をしているにも関わらず、日常に支障が出るような強い副作用は皆無でした。肺の転移が消え、PSAが0台まで下がったのは、がんM+F療法®を併用したお陰だと思っています。