• CASE
  • 胆管・胆嚢がん
  • 女性 45歳

余命3ヶ月の胆管がん、10cm大の癌が半分以下に縮小。

胆管細胞がん
転移:不明
ステージⅣ

腹部にシコリがあるのを感じ、腹痛も続いていたので病院を受診しました。検査の結果、胆管(細胞)がんで広範囲に浸潤していると診断されました。主治医からは、余命3ヶ月でもう手立てがなく緩和ケアを勧められました。緩和ケアと聞き、このまま何も治療をしないのはがんが進行するのを待つだけということだと思い、目の前が真っ暗になりました。抗がん剤をしても効果がない可能性が高いと言われましたが、どうしても諦められず、主治医に治療を切望し、抗がん剤治療を開始することになりました。

きっかけ可能性のあるものは全て試してみたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    抗がん剤治療とほぼ同時に9カプセルの積極飲用で始めました。毎日、カプセルががんをやっつけるイメージを考えながら、「どうか、がんが小さくなりますように」と祈りながら飲用しました。血液検査では肝機能の数値に改善が見られ、体調は少し良くなったように思います。

  • 3ヶ月

    驚きの結果がでました!120000以上あったCA19-9が12237にまで下がっていました。なんと!10分の1です!まだ高い数値ですが、前回12万もあった私にとっては、激減したことがとても嬉しかったです。そしてCEAも9.4→6.5にまで下がり、こちらは正常値まであと少しになりました。また、エコー検査でも以前写っていた影の一部が見えなくなったと言われました。この結果を受けて、来月CT検査を実施し、もう少し詳しく状況をみることになりました。体調も日に日に良くなってきて、家事もできるようになりました。余命も見事にクリアでき、なおかつ何もかもが改善していて、あの時諦めなくてよかったと心から思いました。

  • 4ヶ月

    CT検査の結果、10cm以上に広がっていたがんが、半分にまで小さくなっていました。複数あった小さいがんは見事に消えていました!当初は臓器の形がわからないほどだったのに、はっきりわかるようになっていて、主治医も「同じ人の画像とは思えない」と驚きを隠せないようでした。抗がん剤も効果がないだろうと緩和ケアを勧められた私がここまで改善したのは「がんM+F療法®」のお陰です。

  • 5ヶ月

    CEAがついに正常値内になりました!先日の結果ではCEAが3.8でした!CA19-9も5703まで下がっていました。相変わらず体調も良いですし、肝機能の数値も全部正常値内です。抗がん剤治療の副作用も少なく、これからも抗がん剤治療とがんM+F療法®の二本立てでもっともっとがんを小さくできると自信が持てました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

余命3ヶ月と言われた私が余命を超えても元気に普段どおりの生活ができているのは、がんM+F療法®を取り入れたからだと思います。主治医の先生から「抗がん剤をしても・・・」と言われた時、自分にはチャンスもないのかと落ち込みました。でもどうしても諦められず、がんM+F療法®と抗がん剤にチャレンジして、本当に良かったです。まだ途中段階で治療も続きますが、がんが縮小傾向にあることや、マーカーの減少を考えると、大きな山は越えたのではと思っています。これからもこの調子で前向きにがんと闘っていきたいと思っています。がんM+F療法®のカプセルは私のお守りです。カプセルの飲用数は電話相談のドクターと相談しながら徐々に減量していますが、私も皆さんのように早く再発予防のためのカプセルに移行できるようになりたいです。