• CASE
  • 胆管・胆嚢がん
  • 男性 56歳

術後半年で再発の胆管がん 3.5cmの肝転移は完全消失。

胆管がん
転移:多発性肝転移
ステージⅣ

黄疸が出たため、病院へ行きました。元々、尿の色は赤み帯びていたので気にしていませんでしたが、それも黄疸だと受診して初めて気づきました。検査の結果胆管がんと診断されました。幸い手術が出来ると言われ、胆管と胆嚢を切除し、術後は経過観察をしていましたが、半年後に肝臓に多数の転移が判り、抗がん剤治療をすることになりました。

きっかけ「好きなことをしてください」という言葉で先が長くないと悟り、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    複数ある転移のうち3.5cmあった大きい腫瘍は1.7cmまで小さくなっていました。抗がん剤の副作用は多少出ていますが他の人と比べると軽いほうだと思います。再発したがんは簡単には小さくならず、治療も厳しいものになると主治医に言われていましたが、1ヶ月で半分まで腫瘍は小さくなり、がんM+F療法®の効果が早速出ていると確信しました。これなら再発したがんもきっと乗り越えられると思いました。がんM+F療法®は私に生きる希望を持たせてくれました。

  • 3ヶ月

    がんは前回の縮小を維持し、数には変化はなかったです。変化がないというと、あまり良い感じがしないと思う方もいるかもしれませんが、余命宣告をされている私にとって、状況が変わっていないということは、がんが進んでいないということなので、次に繋がる大きな一歩だと感じ、嬉しかったです。もっともっとがんが小さくなってほしいので、がんM+F療法®のカプセルは減量せず、多い量で飲み続けることにしました。 体調も良く、食事もしっかり摂れています。

  • 4ヶ月

    1.7cmまで小さくなっていた腫瘍は、なんと!消えていました!また肝臓内に複数散らばっている腫瘍もかなり小さくなっていて、主治医も「ここまで良くなるケースは珍しい」と驚いていました。再発したがんは簡単にはいかないと言われていたにも関わらず、がんが消えるという予想を超える結果で、がんM+F療法®のすごさを実感しました。初めは現状維持ができれば良いと思っていましたが、今はがんM+F療法®と抗がん剤治療で、がんが全部消えてほしいと思っています。4ヶ月前は何もする気になれず落ち込んでいたのに、最近では、あれもしたい、これもしたいという意欲が湧いてきました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

「好きなことをしてください」、きっかけはこの言葉でした。一縷の望みをかけ、がんM+F療法®を始めました。複数ある転移のうち、3.5cmもあった大きな腫瘍は消え、肝臓に散らばっている腫瘍はかなり小さくなりました。主治医も驚くぐらい良くなったのは、がんM+F療法®のお陰だと自信を持って言えます。これからも治療は続きますが、がんM+F療法®でがん克服を目指します。