• CASE
  • 悪性リンパ腫
  • 女性 80歳

肺に多発のリンパ腫は悪化せず、寝たきりから体力を回復。

転移:肺
ステージⅣ

右胸のしこりに気づき、病院へ行きました。検査の結果、乳がんではなく、右乳腺に出来た悪性リンパ腫だと診断されました。また肺にも多発性の転移があることが判りました。手術で右乳腺にあるリンパ腫は取りましたが、肺に転移しているリンパ腫は取りきれなかったため、抗がん剤治療を始めることになりました。しかし抗がん剤治療中に大腸穿孔を起こしたため、体力が著しく低下し、治療を続けられる状態ではなくなったため、抗がん剤治療は中止になりました。

きっかけ高齢のため、身体にかかる負担を少しでも軽減出来ればと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    最初は食事が少ししか食べられなかったので、カプセルも少量から飲用を始めました。大腸穿孔で体力はとても低下し、カプセルを飲み始めた当初は動くことも難しく、ほぼベットの上で過ごしていました。治療が出来ない、体力もなかなか回復しない状況を見兼ねた娘が、がんM+F療法®を調べてくれ、始めることを決めました。ほぼ寝たきりの状態だったのでリハビリを開始して、毎日がとても苦痛だったことも今では懐かしく、いろんなことがあったなと思い出しながら、これを書いています。

  • 3ヶ月

    カプセルを飲み始めて3ヶ月、あっという間でした。あの頃に比べると、食事は食べられるようになったので、カプセルの量も増やして飲用をしました。体力もある程度回復し、リハビリを行い自力で歩けるようにもなりました。この時、初めてCT検査を受けましたが、抗がん剤治療をしていなかったので大きくなっているだろうと思っていたのに、肺に点在しているリンパ腫は数も増えず、大きさも変わっていないと言われました。治療が出来ていないのに、変わっていないということは、もうこれはがんM+F療法®のお陰だと確信しました。また体力も回復したので、抗がん剤を再開出来ることになりました。

  • 7ヶ月

    抗がん剤も続けていましたが、これまでとは比べ物にならないくらい体調は良かったです。また先生も驚くぐらい食欲もあり、ほぼ寝たきりの状態だったことが嘘のようだと言われました。体の中のことは検査をしないと分かりませんが、感じる体調はとても良く、お天気の良い日には畑の手入れにも出掛けていました。食事が美味しく食べられる、自由に動けるということが私にとって何よりの宝物です。日々感じる感覚を大切に過ごそうと思いました。

  • 1年

    CT検査の結果は、肺に点在しているリンパ腫は数も増えず、大きさも変わっていない、という状況をずっと維持しています。もちろん消えてなくなってくれればとても嬉しいですが、大きくならない状況を維持出来ていることも、とても嬉しいです。リンパ腫が大人しくしてくれているお陰で、自分の好きなことが出来、充実した毎日を送れています。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

私はがんM+F療法®に助けられたと思っています。治療中に大腸に穴があき、ほぼ寝たきりの状態の私を回復へと導いてくれました。治療が出来ていない状況でもリンパ腫は暴れることなく、大人しくしてくれ、治療を再開出来るまでに、体力を回復させてくれました。私にとってがんM+F療法®はがんと一緒に闘ってくれる仲間です。今自由に動けていること、ご飯を美味しく食べられていること、すべてがんM+F療法®のお陰だと感じています。次の目標は維持からリンパ腫を小さくすることです。自分が自分らしく生きられるよう、毎日を大切に過ごしていきます。