• CASE
  • 悪性リンパ腫
  • 女性 34歳

複数あった全腫瘍が完全消失。

ホジキンリンパ腫
転移:複数のリンパ
ステージⅢ

倦怠感が続いていたため、この体の重さは何だろうと思い、病院へ行きました。最初は髄膜炎の疑いがあると言われましたが、その後もどんどん倦怠感は強くなり、詳しく検査をすることになりました。年齢も若かったので、そんなに大きな病気ではないだろうと思っていましたが、診断された病名は悪性リンパ腫でした。あまりなじみのない病名でしたが悪性と言う言葉で、普通の病気ではないということを理解し、頭が真っ白になりました。

きっかけ家族に勧められ、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 数日後

    上縦隔・心膜前・胸骨傍・大動脈・右鎖骨上・右腋窩・剣状突起レベル胸骨傍にリンパ腫があったので、積極的に9カプセルで飲用を始めました。家族に勧められるままに飲用していたので、本当に飲むだけで今の状況を変えることが出来るのかは謎でしたが、とにかくこの重だるい感じを何とかしたいと思い、一生懸命飲用しました。気持ち的なこともあったかもしれませんが、不思議と体の重だるい感じは解消され、元気が出てきました。

  • 0.5ヶ月

    悪性リンパ腫にはいろんな種類があるようですが、私のリンパ腫はホジキンリンパ腫ということが判り、それに合わせた抗がん剤をすることになりました。抗がん剤をしなければならないと思うと気はとても重かったですが、がんM+F療法®を始めてから、体の辛さはかなり改善され、無理して食べていた食事も美味しく感じるようになっていたので、がんM+F療法®という強い味方が私にはいると、気持ちを立て直すことが出来ました。

  • 1ヶ月

    画像検査の結果、リンパ腫は小さくなり、明らかに影が薄くなっている、と言われました。不安だった副作用も軽く、予定通り抗がん剤を行えたのは、がんM+F療法®を積極的に取り入れたお陰だと思っています。

  • 5ヶ月

    5ヶ月後の画像検査は、前回と比較しかなり小さくなっている、との結果でした。治療は順調に進み、リンパ腫もどんどん小さくなり、こんなに嬉しいことはないなと思いました。またリンパ腫が小さくなったことで、抗がん剤が終わることになり、放射線治療をすることになりました。

  • 7ヶ月

    画像検査では、全身にあったリンパ腫は全て消えている、と言われました。体の調子は徐々に良くなっていましたが、まさか全部消えるなんてことはないだろうと思っていたので、この結果を聞いた時は、家族みんなで大喜びしました。がんが消え、治療中もあまり強い副作用を感じることなく治療が出来たのは、やっぱりがんM+F療法®のお陰だと思います。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

寛解状態に入ったため治療は終了し、経過観察になりました。飲用を始めた当初は訳もわからず、ただただ必死でカプセルを飲用していました。まだ抗がん剤治療も始まっていない時から不思議と体のだるさが解消されたり、食事は匂いを嗅ぐのも嫌だったのに、美味しく食べられるようになったりと、徐々にがんM+F療法®の効果は現れていたと思います。最終的な結果でがんが全て消えるという奇跡が起き、がんM+F療法®を取り入れて心から良かったと思っています。