• CASE
  • 乳がん
  • 女性 44歳

複数のリンパに転移した、再発乳がんが大幅縮小。

再発乳がん
転移:複数のリンパ
ステージⅣ

3年前に受けた人間ドッグで乳がんが判りましたが、その時は幸いにも早期発見で左乳房の温存手術を受けました。手術後に放射線治療を受けた後、経過観察をしていました。手術から3 年経った定期検診で、複数のリンパ(頸部・鎖骨・肺門)に再発転移が判明しました。体調もよく、まさか再発しているとは思っていなかったので、とてもショックでした。

きっかけ出来ることは何でもしたいと思い、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1.5ヶ月

    乳がんは再発すると厄介だと聞いていたので、ホルモン療法だけでは不安でした。がんにしっかり働くがんM+F療法®はホルモン療法に追加するにはピッタリだと思い、まずは9カプセルで積極的に飲み始めました。血液検査でマーカーが半分にまで下がり、がんM+F療法®の力を早速実感できました。体がほてるなどの症状はありましたが、辛いと感じるような副作用は全くなかったのも、カプセルを飲んでいるお陰だと思いました。

  • 3ヶ月

    CT検査の結果、頸部(首)リンパは2cmから1cmへ、鎖骨・肺門リンパはともに1.5cmから半分程度まで縮小していました。マーカーもついに正常範囲にまで下がり、手ごたえを感じました。先生からも「順調すぎるくらいの経過だね。ホルモン剤では抑えれない時は抗がん剤も考えていたが、この調子だと大丈夫そうだ」と言われ、がんM+F療法®を足していることに太鼓判を押されたように感じ、とても嬉しかったです。

  • 6ヶ月

    頸部リンパは1cmから0.6cmへ縮小、鎖骨・肺門リンパもさらに縮小していました。検査のたびに小さくなり続けているので、「このまま治療とがんM+F療法®を続けたら転移が消えるかもしれない」と思いました。このタイミングで2度目の電話相談を受けて、飲用量のアドバイスをもらい、カプセル数を減らして様子を見ることにしました。

  • 8ヶ月

    CT検査の結果、縮小を維持できていました。マーカーは前回よりも下がり、正常値内で安定しています。先生から、がんを上手くコントロール出来ていると言われ、安心しました。ホルモン療法とがんM+F療法®でがんを完全に消失させて克服しようと決めました。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

再発が判った時は、気持ちが塞ぎこみ、家にこもってばかりいました。ですが、がんM+F療法®を始め、どんどん良くなっていく経過を見て、これなら本当に再発した乳がんを克服できるかもしれないと思いました。リンパの転移もマーカーも順調に改善しているので、がんM+F療法®にとても感謝しています。