• CASE
  • 前立腺がん
  • 男性 43歳

悪性度の高い前立腺がん、たったの5ヶ月でPSA600→1.6へ。

前立腺がん
転移:骨・リンパ
グリーソンスコア9

発熱と腹痛が月に数回続き、病院へ行きましたが、風邪との診断でした。その後も発熱し、首の付け根にリンパの腫れがあることが判り、リンパ腫の疑いがあると言われ、リンパを取り、検査することになりました。検査の結果、前立腺がんと診断され、病状はかなり進んでいて、骨に数ヶ所とリンパに転移していると告げられました。年齢を考えると進行が早く、治療はホルモン療法が効果がなければ抗がん剤になると言われ、深刻な状況だとわかりました。

きっかけがんM+F療法®でがんを克服した知人の話を聞き、がんM+F療法®を開始

がんM+F療法®スタート

  • 1ヶ月

    PSAが600から53にまで急激に下がりました!ここまで急激にPSAが下がり、主治医も驚いていました。ホルモン療法の注射はまだ1回しかしていないので、がんM+F療法®の効果が早速出ていると思い、嬉しかったです。今までは骨に痛みがありましたが、痛みが少し緩和され、体も楽になりました。

  • 2ヶ月

    PSAは9.2まで下がりました。当初は「骨やリンパに転移をしているので、PSAがどこまで下がるか・・・」と言われていたので、こんなに順調に下がるとは思ってもいませんでした。体の痛みはなくなり、体調も良いので、仕事も再開しました。ただ、進行が早いと言われているので、まだ油断はできないと思い、カプセルは積極飲用で続けています。

  • 3ヶ月

    PSAは3.2、ついに正常範囲内まで下がりました!PSAは劇的に下がり、骨に進行は見られず、新たな転移もありませんでした。がんM+F療法®のカプセルはもちろん一度も忘れることなく飲んでいます。テレビを見ながら足湯をしたりと、体を冷やさないようにすることにも気をつけています。電話相談の先生からは、趣味を楽しむことも大事だとアドバイスをもらっていたので、ずっと続けていたサッカーをするなど、無理をしない程度で体を動かすようにもしています。

  • 5ヶ月

    PSAは今回も下がっていました。ついに1.6まで下がりました!もちろん新たな転移もなく、体調も良いです。主治医は「ここまでPSAが下がれば、抗がん剤をする必要もない。グリーソンスコアが高いので、経過は慎重に見ていかないといけないけれど、おそらくがんは当分は動き出さないだろう」と話してくれました。進行が早いと言われていたのに、がんの勢いを抑えることができ、本当に嬉しいです。

QがんM+F療法®を取り入れた感想を教えてください。

こんなに短期間で600あったPSAが1台まで下がり、家族みんなでとても喜んでいます。進行が早いと言われていたにも関わらず、順調に改善したのは、ホルモン療法にがんM+F療法®を足したことが良かったのだと思っています。骨の痛みもほぼなく、日常生活を過ごす中で前立腺がんだということは忘れてしまうくらい体調は良いです。主治医からは今の数値が保てれば安心と言われているので、もうしばらくがんM+F療法®を続けて様子をみようと思います。